1. 機能紹介
  2. セキュリティ

セキュリティ- 機能紹介 -

注意すべき危険な端末をいち早く把握し
遠隔でのロックや消去など確実に対応

  • リモートロックワイプ
  • 紛失モード
  • パスワードポリシー設定
  • アラート設定端末通知
  • 警告端末レポート
  • 構成プロファイル配布・削除

リモートロック・ワイプ

  • Android
  • iOS
  • Windows

遠隔で端末に対してパスワードロック、データ初期化(工場出荷時に戻す)を実行できます。
実行前に端末の位置情報、操作ログ、資産情報から端末の状況を確認することが可能です。

リモートロック・ワイプの画面

画像を拡大表示

紛失モード

  • iOS

「紛失モード」を有効にすることで強制ロックを実行し「回収用のメッセージ」と「連絡先情報」を紛失端末の画面に表示することができます。さらにiOS端末の位置情報サービス設定がオフになっている場合でも強制的に位置情報を取得できます。

※紛失モードは、iOS9.3以上且つ監視モードに設定されている端末のみ対象です。

パスワードポリシー設定の画面

画像を拡大表示

パスワードポリシー設定

  • Android
  • iOS

パスワードの桁数や、英字、数字、複合文字使用など、会社共通のパスワードポリシーを端末に一括で適用できます。

パスワードポリシー設定の画面

画像を拡大表示

アラート設定・端末通知

  • Android
  • iOS
  • Windows

端末の利用ルールを設定し、利用ルールに反した設定変更やアプリ利用、端末操作をアラートとして把握できます。
さらにアラート内容を端末側に通知することで、位置情報設定の徹底や不許可アプリの使用や不正Webサイトの閲覧を防ぐことができます。

※アラート内容の端末への通知は、Androidのみが対象です。

アラート設定・端末通知の画面

画像を拡大表示

資産リスク
  • ・端末の未稼働日数
  • ・管理外端末
  • ・端末の空き容量
  • ・パスコードロックがオフ
  • ・必須アプリの未稼働
  • ・必須アプリの未インストール
  • ・不許可アプリのインストール
  • ・新規プロファイルのインストール
  • ・位置情報設定の無効
  • ・パスコードポリシーの非準拠
  • ・リモートワイプの無効
  • ・Root化
  • ・Jailbreak
  • ・SIMカードの挿入状態の変化
  • ・OSバージョンの指定範囲外
  • ・Anクライアントの未稼働
  • ・Anクライアントのバージョンが
     最新ではない
  • ・リース期限報告
操作/行動リスク
  • ・不許可アプリの起動
  • ・リモート操作不可
  • ・新規アプリのインストール
  • ・不正Webサイトの閲覧
  • ・タイムゾーンの変更
  • ・SDカードの抜き差し

※OSによって設定できるアラートの内容は異なります。

警告端末レポート

  • Android
  • iOS
  • Windows

セキュリティリスクのある端末をランキング形式で表示。
事前に対策を行うことで、ウイルス感染やトラブルを未然に防ぐことができます。
セキュリティリスクの警告基準を自社の運用にあわせて設定でき、「危険」・「注意」に該当したアラート端末情報を管理者にメール通知ができるので、迅速な対応が可能です。

警告端末レポートの画面

画像を拡大表示

構成プロファイル配布・削除

  • iOS

構成プロファイルを利用してApp Storeやカメラ、Safariなどの利用制限等、各種設定を複数の端末に一括で配信でき、効率的に設定を適用できます。
さらに、パスコードやWi-Fi設定、VPN設定に関する構成プロファイルはLanScope Anの管理画面で作成することが可能です。

構成プロファイル配布・削除の画面

画像を拡大表示

ページ上部に戻る