IT資産管理

IT資産管理とは

IT資産管理とは、パソコンやサーバーなどの「ハードウェア」、システムやライセンスなどの「ソフトウェア」、プリンタや複合機などの「周辺機器」、メモリーカードやUSBなどの「記憶媒体」、そしてケーブルや無線LANなどの「インフラ」といったIT関連の資産を管理することを指します。これらが適切に管理されていればパソコンが余っているにも関わらず新品を購入してしまうことや、不必要なソフトウェアを購入してしまうといった無駄な投資を防ぐことが可能です。コスト削減や業務効率化を目指している企業にとって大きなメリットとなるのは言うまでもありません。
また近年は以下のようなリスクを回避するためにIT資産管理システムを導入する企業が増えています。

1.セキュリティリスク

セキュリティリスク

セキュリティソフトをインストールしていてもアップデートを適用していなかったり、パソコンの動作が重くなるからという理由で機能を一時停止していたりするとウイルスに感染してしまう恐れがあります。
その他のソフトウェアでもバージョンアップをせずに放置していると、脆弱性などのリスクが解消されずにセキュリティホールとなる可能性があります。
IT資産管理によってソフトウェアの稼働状況を把握しておけば、パソコンのソフトウェアが最新ではない、またはセキュリティソフトのパターンファイルが古かったという場合でも速やかに対策が可能です。

2.ライセンス違反リスク

ライセンス違反リスク

ソフトウェアの不正使用件数は年々減っている一方で、気づかないうちに違反してしまっている企業も少なくありません。インストールできる台数が決まっているにも関わらず、それ以上の台数にインストールしてしまったり、別のパソコンにアップグレードを適用してしまうなどの間違いはよくあることです。
しかし、悪意がなかったとしてもメーカーのライセンス監査に引っかかれば巨額の賠償金を求められる可能性があるので注意が必要です。IT資産管理でライセンス管理を行なっていれば、このような問題を回避することができます。

LanSLanScope Catで実現する「IT資産管理」

ネットワーク上の機器を自動で検知

社内にあるネットワーク機器を自動検知・情報収集し、管理対象とすべきIT資産を把握できます。
また、社員の持ち込みPCなども検知・遮断し、管理者に通知することでウイルス感染などの脅威からネットワークを守ります。

ネットワーク検知機能ページ

ネットワーク上の機器を自動で検知

ハードウェア・ソフトウェアの情報を毎日更新し
管理業務の手間を軽減

IT資産情報を自動収集し、常に正確な情報を把握できます。
また、変更履歴を残し、管理者にメールでお知らせします。既存の管理台帳のインポートや、世代ごとに台帳をエクスポートできます。

IT資産管理機能ページ

ハードウェア・ソフトウェアの情報を毎日更新し管理業務の手間を軽減

管理が必要な情報を自動で収集し
ライセンス違反が起こらない管理体制を構築

ソフトウェア資産管理(SAM)で必要な台帳の作成から更新までを支援します。
ライセンスの契約情報と利用実態との突合から相違点の把握を行い、ライセンス違反が起こらない適切な運用サイクルを構築できます。

ソフトウェア資産管理機能ページ

管理が必要な情報を自動で収集しライセンス違反が起こらない管理体制を構築

ソフトウェアの配布・自動インストールを一括で行い
PCメンテナンスを効率化

複数のPC に対し一括で、アプリや更新プログラムの配布・自動インストールができます。サイレントインストール未対応のソフトウェアは、インストール操作を録画し、自動インストールを実現します。また、様々な条件を設定し配布効率を高められます。

ファイル配布管理機能ページ

ソフトウェアの配布・自動インストールを一括で行いPCメンテナンスを効率化

リモート操作やWeb会議により業務の効率化を実現

リモート操作で、ヘルプデスク業務やメンテナンス作業を効率化し、解決率と満足度を向上させます。また、遠隔地のメンバーとのWeb 会議で、コミュニケーションの活性化が図れます。システム構成は、クラウド版かオンプレミス版かを選択できます。

リモートコントロール機能ページ

リモート操作やWeb会議により業務の効率化を実現

LanScope Catの導入事例

全国120ヶ所を超えるネットワーク接続拠点、PC1000台を適切に管理
拠点増や拠点間移動が多い環境でのPC・ライセンス管理を実現

NTTドコモやKDDI、SoftBankなどの大手通信企業をパートナーとする兼松コミュニケーションズ株式会社様は、全国120ヶ所を超えるネットワーク接続拠点および1,000台を超えるパソコンを管理するためにIT資産管理ソフトの導入を決定しました。
IT資産の拠点増および拠点間移動が多い同社にとって、ライセンス問題はコンプライアンスという面で非常に重要でしたが、IT資産管理ソフトの導入後はリアルタイムで過不足を把握することが可能となりました。ネットワークに接続している機器の情報も得られるのでセキュリティリスクの検知にも役立っています。

Microsoft社の「ライセンス調査」への対策
ソフトウェアの棚卸しと管理体制構築で、ライセンス過不足の可視化を実現

化粧品やスキンケア製品を手掛ける株式会社アーバン・コミュニケーションズ様は、Microsoft社のライセンス調査に対応するためにIT資産管理ソフトの導入を決定しました。社内ではライセンスに関するルールを決めていましたが、現場レベルで順守されているかどうかは把握できていませんでした。改めて社内調査を行なうにしても日々の業務に追われ、回答期限がきても処理しきれなかったそうです。

同社では今後のことも考えてIT資産管理ソフトを導入。製品とサービスを含めて1か月の間、一人あたり160~200時間分もの工数を削減することに成功しました。また同時にIT資産管理体制の問題点を発見することもできたそうです。

その他の導入時例

WindowsとMacの一元管理でセキュリティレベルを向上
社員が気持ちよく仕事できる環境を実現
株式会社イード 様
セキュリティ対策と現状把握で問題抽出と改善を効率的に実施!
「問題の見える化」と「改善アドバイス」で工数削減
地方自治体(教育委員会)
パートナーと二人三脚で構成したSAM
ライセンスコンプライアンスだけでないセキュリティやコスト削減の効果を実証
石川県様

ページ上部に戻る