LanScope Cat Ver.8.3- 機能 -

お客様から頂いた声を取り入れて、
常にバージョンアップしています。

“LanScope Cat Ver.8.3”は「Dropbox・Google Apps for Work・Office 365経由のWebアクセスログ取得」「通信デバイスからの情報漏えい対策」「ファイル情報取得」の3点を徹底強化。クラウドサービスをはじめ、日々進化するITへの対応とセキュリティの両立に直面する企業をサポートします。

また、LanScope Catの特徴であるWebコンソールを、誰でも簡単に自社のセキュリティ状態が把握できるよう刷新。細かな点までユーザビリティを高めたWebコンソールを企業の情報漏えい対策にご活用ください。

Dropbox、Google Apps for Work、Office365経由の情報漏えい対策

Webアクセスログ強化

アップロード・ダウンロードログ取得
Dropbox、Google Apps for Work、Office365のWeb閲覧、ダウンロード、アップロードのログを取得し、情報漏えい経路を監視。どこからアップロードしたのかファイルパスを取得し、ファイルの追跡もできます。
Webメールの送信内容取得
Gmail、Outlook.com、Outlook Web Appでのメール送信内容として、送信元、送信先、件名、本文の内容を取得します。
Dropbox、Google Apps for Work、Office365経由の情報漏えい対策

Wi-Fi、Bluetooth、赤外線、通信デバイスからの情報漏えい対策

ログ取得・制御効果

通信デバイスの接続ログ取得・アラーム設定
Wi-Fi、Bluetooth、赤外線、有線によるPCや周辺機器、ネットワークへの接続・切断ログを取得します。また、特定機器への接続をアラームにし、利用者に警告通知ができます。
通信デバイスの接続禁止・ホワイトリスト設定
通信デバイスの接続を禁止します。また、SSIDやBSSID指定での特定Wi-Fi接続のみの許可や。デバイス種類・MACアドレスごとでのBluetoothの接続許可など、運用に即した柔軟な設定ができます。
Wi-Fi、Bluetooth、赤外線、通信デバイスからの情報漏えい対策

セキュリティインシデント調査でPC内の不審なファイル有無を確認

ファイル情報取得強化

.exe、.dll、.sysなどあらゆるファイル情報の取得
PC内にある指定した拡張子のファイル情報(ファイル名、フルパス、サイズ、作成日時、アクセス日時、バージョン、会社名、説明)を取得します。
ファイル情報取得の条件・タイミング設定
取得・除外フォルダや取得ファイル名・拡張子などファイル情報取得の条件指定、毎日、毎週、毎月などのスケジュール実行や、PC起動後30分など取得のタイミングの指定ができます。
セキュリティインシデント調査でPC内の不審なファイル有無を確認

誰にでも使いやすく、誰にでも分かりやすいレポート

Webコンソール刷新

デザインと操作性の統一
日々使うことを考慮した目に優しい配色と、シンプルでわかりやすいフラットデザインを採用。統一した操作性で、誰でもすぐに使えます。
ドリルダウンログ表示
レポートデータの項目フィルタやソート対応、また、ワンクリックでの元データのログ内容を確認できます。
グローバル対応
日本語/英語の表示切替、協定世界時(UTC)に対応しています。
誰にでも使いやすく、誰にでも分かりやすいレポート

Ver.8.3 新機能一覧

レポート機能強化 Webコンソール
  • ・ユーザーインターフェース一新:フラットデザインの採用と操作性の統一
  • ・アラーム管理週報の改良:アラーム発生クライアント台数表示、アラームフィルタ
  • ・レポートの改良:集計項目のソート・フィルタ、レポートからドリルダウンでログを表示
  • ・グローバル対応:日本語/英語の表示切替、協定世界時(UTC)の表示
  • ・Webコンソールの操作履歴取得:Webコンソールへのログイン・ログオフ・(一部確認)
資産管理強化 IT資産管理
  • ・ファイル情報取得強化:指定拡張子のファイル情報取得、ファイルパス情報の取得、情報取得条件・タイミング設定
  • ・ソフトウェア管理強化:Windowsストアアプリの資産情報・稼働ログ取得とインストール・起動禁止
  • ・Microsoft Office管理強化:Microsoft Office 2016対応、Office for Windows10対応
ソフトウェア資産管理
  • ・権限分散:コンソールアカウント毎に編集/閲覧モードを設定
ファイル配布
  • ・クライアント選択型ファイル配布:管理者が設定した複数の配布物をクライアントが任意のタイミングでダウンロード可能
セキュリティ強化 操作ログ管理
  • ・通信デバイスの接続ログ取得:Wi-Fi、Bluetooth、赤外線、有線の接続ログ取得
  • ・通信デバイスの接続アラーム:特定機器接続をアラームとして、管理者メール通知と利用者ポップアップ通知
  • ・ログ保存日数変更:スタンドアロンとオフラインログの保存日数を30日から90日に拡張
デバイス制御
  • ・通信デバイスの接続禁止:Wi-Fi、Bluetooth、赤外線への接続を禁止
  • ・ホワイトリスト設定:SSIDやBSSID指定での特定Wi-Fi接続許可、デバイス種類・MACアドレス毎でのBluetooth接続許可
  • ・スタンドアロン端末のデバイス制御:スタンドアロン端末用のデバイス制御設定を適用したインストーラ作成
Webアクセス管理
  • ・クラウドストレージログ取得:Office 365、Google Apps、Dropboxへのアップロード、ダウンロードのログを取得
  • ・Webメールログ取得:Office 365(Outlook.com、Outlook Web App)、Gmailで送信したWebメールのログを取得

一覧に戻る

ページ上部に戻る