メール管理(ゲートウェイ型)- 機能 -

LanScope シリーズ連携
オプション機能一覧
  • スマートデバイス管理
  • メール管理(ゲートウェイ型)

送信メールを適切に管理し
機密情報の漏えいを防ぎます

メールゲートウェイサーバーで送信メールの内容を記録します。機密ファイルの添付など違反メールは送信を禁止し、送信者と管理者にメールで通知できます。不正なメールの送信を抑止し、ユーザーのセキュリティモラルを向上させます。

LanScope Guard連携

「誰が」「いつ」「誰に」「どんなメールを送ったか」を記録できます。メーラーに依存せず、差出人・宛先(TO/CC/BCC)・本文・添付ファイルが把握できます。また、宛先や件名・メール本文が「顧客情報」などのキーワードに抵触したメールを違反通知、送信禁止できます。

誰が 誰に どんな件名で いつ どんなファイルを送ったか

LanScope Guard 送信メールのファイル追跡・本文内容確認をCatで統合して行うには、Guardとの連携が必要です。

PICK UP!

送信状況と状態を把握

ワイヤードリストは、社内から社内外への送信の傾向を色別で表示します。社内の特定の人物が社内外へ送信するメールの実態を「赤」「青」「黄色」「白」で詳細に表示します。

  • メールの返信がない
  • 1通以上メールを送っている
  • 定数以上メールを送っている
  • 禁止(アラーム)メールを送っている

※値は任意設定が可能

ワイヤードリスト画面

LanScope Guard サイトはこちら

ページ上部に戻る