お客様の声

情報漏えい対策

業種
サービス業
管理台数
50台
目的
情報漏えい対策

今後は、USBメモリの管理を強化するためにデバイス制御機能のオプション追加を現在検討しています。

導入目的 選定ポイント

以前は、誰でも勝手にPCへソフトウェアをインストールでき、正しい管理ができていませんでした。 セキュリティ強化のためにもルールを定め、社員の問題操作を未然に防ぎたいと考えました。

同業種で導入実績が多くあると販売店の株式会社大塚商会さんから聞き、MOTEXなら安心して運用を続けられると判断しました。

活用・効果

アプリ稼働制御機能を活用し、Winnyなどの情報漏えいの可能性の高いファイル交換ソフトの使用を禁止し、情報漏えいを未然に防ぐ対策を行っています。 さらに、禁止設定したアプリケーションを起動させた際に、ポップアップ通知機能で禁止理由を表示しています。以前は、目視での確認のため注意が行き届いていませんでしたが、現在はポップアップ通知機能を使用することで効率良くセキュリティ教育を実現できています。 また、禁止アプリケーションの利用者を長期レポートから定期的にチェックしています。アラーム件数が多い利用者については、レポートを出力し上長へ報告しています。 この他には、新規アプリケーションの無断インストールを禁止しています。勝手にOfficeをインストールするなどライセンス違反につながる問題操作を未然に防ぐことができています。またゲームなど業務に不必要なアプリケーションのインストールを防止できるので、業務効率の向上につながりました。

お客様の声

今後は、USBメモリの管理を強化するためにデバイス制御機能のオプション追加を現在検討しています。

お客様の声トップへ戻る