最高峰のAIアンチウイルスをカンタンに

CPMS Cyber Protection Managed Service

CPMS

インシデント対応
サービス

インシデント対応サービスとは

インシデント対応サービスは、デバイスのマルウェア感染を発端とした
セキュリティインシデントに対する原因の特定と封じ込め、
影響範囲の調査を行い、インシデントによる被害を最小限に抑え、
いち早い復旧を支援するサービスです。

インシデント対応サービスの特徴

マルウェア解析のスペシャリストが、感染状況の調査から影響範囲を特定。
封じ込めをはじめとした復旧支援と、
今後どのように対策すべきかコンサルティングいたします。

  • 調査~報告は1ヶ月で対応!速報は日々提供

    調査~報告は1ヶ月で対応!
  • 幅広い OS を調査 Windows・macOS・Linuxが対象

    幅広い OS を調査
  • 海外拠点端末も調査可能 ※契約窓口は日本国内が前提

    海外拠点端末も調査可能

\ご相談は下記にご連絡ください/

お問い合わせはこちら

インシデント対応サービス全体の流れ

〜お申込みから調査完了までの流れ〜

  • お申込
    (ご契約)
  • 環境
    ヒアリング
  • 調 査
  • ご報告

【調査内容】

  • ■「環境ヒアリング」から「ご報告」まで最短1ヶ月を想定(調査範囲によっては2ヶ月)
  • ■調査時にお客様にて情報収集のためのスクリプトをPC上で実行頂く必要があります
  • ■価格は作業内容で異なるため都度お問い合わせください
MTG
  1. 1回目:状況ヒアリング、お見積の内容確認、
  2. 2回目:サービス説明、調査対象の設定、情報採取手順の説明
※ケースによってはMTG 内容を1回で実施
スクリプト実行
  1. 1.インシデントレスポンス:対象端末にスクリプトを展開
    ※Windows のみになります。
    他 OS はディスクイメージをご提供いたします。詳細は後のスライドでご案内させて頂きます。
  2. 2.全台調査:全端末を対象にスクリプトを展開。展開後にデータをアップロード
    ※ 1 と 2 は同時並行で実施可能
定時報告
データ提供後分析開始。状況については調査終了後報告。問題発見時は日本語で即時報告します。
※ケースによってはWEB会議を調整し、状況及び今後のアドバイス等実施いたします。
参考:1台あたり20時間(インシデントレスポンス)
参考:2,000台で3日(全台調査)
最終報告
BlackBerry社 にて調査終了後、約3週間で英語でのレポートを作成。
その後、MOTEX にて約1週間でレポートを和訳いたします。
※報告はWEB会議にて 、MOTEX・BlackBerry社 にてご説明

基本的に全てのお客様において共通の流れで進めますが、
お客様のご状況により内容が変更する場合があります。

報告書イメージ

報告書

最終報告書

  • ■マルウェア感染経路
  • ■影響範囲と内容
  • ■対策結果
  • ■今後の対策

【速報】デイリーレポート

  • ■マルウェアの活動詳細
  • ■感染経路や影響の報告

\ご相談は下記にご連絡ください/

お問い合わせはこちら