最高峰のAIアンチウイルスをカンタンに

CPMS Cyber Protection Managed Service

AIアンチウイルスの特徴

従来のアンチウイルスの常識を覆す
最新のAIアンチウイルス

  • マルウェア検知率99%

    マルウェア検知率99%

    AIの機械学習で作成された数理モデルが、
    マルウェアをリアルタイムに検知。

  • 快適なパフォーマンス

    快適なパフォーマンス

    パターンファイルの更新不要。
    最小限の負荷で稼働します。

  • 導入も管理もカンタン

    導入も管理もカンタン

    クラウド型なので、
    面倒なサーバ構築やメンテナンスも不要です。

なぜ新しいマルウェアも
検知
できるのか

AIによる機械学習の特許技術を活用した
「予測防御」という検知方式

マルウェアはもちろん、
正しいとされる通常のファイルも機械学習するため、
より高精度に判別することが可能です。

  • 収集と学習

    収集と学習

    正常なファイルとマルウェアを10億以上収集し、クラウド上のAIに教師データとして学習させる。

  • 特徴抽出・数値化

    特徴抽出・数値化

    教師データの特徴点を抽出 (1ファイルあたり最大700万の特徴点)、各ファイルのマルウェアらしさを数値化。

  • 数理モデル作成

    数理モデル作成

    数学者やアナリストのチューニング後、膨大なノウハウを反映した数理モデルを作成。端末上は数理モデルのみ稼動。

従来型より早い時期での検知対応

シグネチャレスのためパッチの有無に
左右されないため、
未知のマルウェアにも即対応が可能

AIによるこれまでにない検知方式を採用することで、
マルウェアの種類・時期に関係なく
安定した検知率を保てています。

実際に攻撃される期間を含め常に99%以上の精度で端末の保護が可能

高度なアンチウイルス
「人」「スキル」「お金」を解決

対策製品を多数導入するという事は、
専門技術や管理工数・運用コスト・
対策コストが必要

多層防御の強みは様々なツールで防御することが可能ですが、
その分様々なリソースを確保する必要があります。

対策製品を多数導入するという事は、専門技術や管理工数・運用コスト・対策コストが必要

エンドポイントを最大限保護する事で、
すり抜けが減りインシデント対応工数を大幅削減

BlackBerry Protectで99%マルウェアを止めるので、たとえば
対策ツールの見直しや、その先の対策工数を大幅に削減できます。

エンドポイントを最大限保護する事で、すり抜けが減りインシデント対応工数を大幅削減

AIアンチウイルス
従来型アンチウイルスの違い

  CPMS 従来型
アンチウイルス
既知の
マルウェア防御
未知の
マルウェア防御
×
ファイルレス
マルウェア防御
×
エクスプロイト
攻撃防御
×
誤検知 ほとんど0 なし
(パターンマッチングのため)
感染検知 ×
感染調査 ×
復旧対応 ×

クラウド型のため、
自社での構築・メンテナンスが不要

自社でのサーバー構築・メンテナンスが不要のため、
すぐに運用をスタートできます。
マルウェア検知状況は管理コンソール上で確認できるため、
複数拠点がある場合でも管理者による一元管理が可能です。

クラウド型のため、自社での構築・メンテナンスが不要

CPMSをもっと詳しく
知りたい方はこちらから

製品をご検討中の方から、
ユーザー様までお気軽にご連絡ください

お電話でのお問い合わせはこちら 0120-968-995 月曜〜金曜 9:30〜12:00 / 13:00〜17:30
(土日祝及び当社規定の休日を除く)