NEWS

MOTEX通信

MOTEX社員インタビュー/中沢 香織

mainvis

Q1:業務内容を教えてください。

採用活動をはじめとする人事や、総務など幅広く業務を担当しています。採用活動については、採用に携わった社員が活躍し、社内・社外問わず頼られているところを見ると非常に嬉しいです。また、総務では、交通費や出張費の精算、勤怠管理を担当し、社員の活動をサポートする業務をしています。働きやすい社内環境づくりをしていくのが私たちの役割なので、どんなに忙しくても話しかけやすい雰囲気でいるよう心掛けています。

Q2:エムオーテックスに求める人材はどんな人ですか?

大変な仕事も楽しく、前向きにおこなえるチャレンジ精神を持っている方と一緒に仕事がしたいですね。日々の業務は忙しく大変な時もあり、時にはそれが辛くなる瞬間があるかもしれませんが、年齢・役職関係なく裁量は大きく、手を上げれば任せてもらえる、非常にやりがいのある会社です。

Q3:採用活動で心掛けていることは何ですか?

エムオーテックスの印象を良くするのも悪くするのも、最初にお会いする人事の責任であるということを肝に銘じ、常に自分自身も見られているということを意識しています。だからこそ常に笑顔でいることと話しやすい環境づくりをし、MOTEXの魅力を最大限伝えられるよう心掛けています。新しく迎えたメンバーが「中沢さんの人柄に魅力を感じたからMOTEXを選んだ」と言ってもらえたらこんなに嬉しいことはありません。

Q4:30年後のMOTEXはどんな会社になっていると思いますか?

現在、日本ではトップシェアを走り続けていますが、30年後には世界でもトップシェアを獲得していると思っています。もっと多くの企業にLanScope製品の良さを知っていただき「世界のMOTEX」になりたいです。そのために、社員の働きやすい環境づくりをすると同時に、採用活動にも力を入れていきたいと思います。

Q5:明日からLanScopeを販売する営業担当になってと言われたら・・・?

営業社員を見ていると、LanScope製品が好きで、誇りを持って働いているということがよく分かります。前職では営業として働いていたからこそ分かるのですが、製品に自信を持って提案できるというのは、LanScope製品への愛情あってのこと。エムオーテックスの営業が出来るとは簡単に口にはできませんが、もし任せてもらえるならば大きなやりがいを感じられると思います。

Q6:今後チャレンジしたいことは?

エムオーテックスに入社して、日々たくさんの魅力を発見しています。この魅力を応募してくださった方に全てをお伝えしたい。しかし、限られた時間しかお話できないのが現状です。だからこそ、その限られた時間で多くの魅力を伝えられる採用フローの改善や新たな取り組みを積極的に行っていきたいと思っています。