NEWS

MOTEX通信

MOTEX社員インタビュー/奥澤 健

okuzawa_mv

Q1:業務内容を教えてください。

採用・研修業務を主として、社内環境の整備、会社行事の運営など、幅広く手がけています。今までに採用サイトのリニューアルや規定の変更、ISO認証の取得、25周年記念の企画、5S活動の推進、社内研修の運営など、様々な経験をさせてもらいました。

Q2:業務のどんなところにやりがいを感じるか教えてください。

仕事の成果が形として残るところですね。また企画を動かすためにプレゼン資料を作成し、トップマネジメント層に対して提案するという機会も多くもらっています。フィードバックをもらう際、自分の詰めの甘さや視点の浅さを痛感することも多いですが、ハッとさせられることもあり、多くの学びをもらっています。分かりやすく伝える能力はこれからもっと伸ばしていきたいと思っています。

Q3:MOTEXの好きなところはどんなところですか?

メリハリが効いているところですね。日々の経費については厳しく管理されていますが、大規模な展示会ではどこよりも派手なブースでアピールしますし、新しい機能のリリース時には積極的にプロモーションを仕掛けていきます。投資するべき時にはする。そのスタンスは自社ながらに気に入っています。勝負どころを見極め、勝負すべきところで勝ってきたからこそ今のエムオーテックスがあるのだと考えています。

Q4:毎朝いつも元気な挨拶をしてくれますが何を食べているんですか?

元気に挨拶をすることは、私が大切にしていることなので注目してくれて嬉しいですね(笑)。職種は違いますが一緒に働いている社員はみんな仲間で、それぞれが目の前の仕事を頑張っています。時には疲れているときもあるでしょう。そんなとき元気のない対応をされたらしんどいかなと・・・。反対に明るい対応だと、何かしらプラスになるんじゃないかと思っています。何を食べているかというと、体重が気になってきたので昼食はここ2ヶ月ずっとそばです。あまり精のつくものに思えないので、私の元気と食べ物は関係ないかもしれませんね。

Q5:30年後のMOTEXはどんな会社になっていると思いますか?

社員同士の繋がりが今以上に強くなっているのではないかと思います。MOTEXには部署横断で動かすプロジェクトが多くあり、MO会と呼ばれる社員会の活動も積極的に行われています。私もオフィス移転のプロジェクトなど、何度か大きなプロジェクトに携わりました。様々な横断プロジェクトが動き、絆づくりのナレッジ・ノウハウが蓄積していく。その結果、30年後のMOTEXには強い絆が生まれていると思っています。

Q6:今後チャレンジしたいことは?

絶対的に強い分野を持ちたいなと常々考えています。その分野なら「奥澤に聞こう」と全社員が思っている状態が理想です。いま幅広くやらせてもらっている中で、色々なことに興味を持っています。
Excelについてはこんなことができてしまうのかと日々驚かされていますし、プレゼンを分かりやすく伝えるための試行錯誤はとても面白いです。今の時点で何に絞るべきかは決められていません。まず今は目の前の仕事に本気で取り組みたいなと。その中でこれ、という分野が見つかればいいなと思っています。