NEWS

MOTEX通信

MOTEX社員インタビュー/荻 晃宜

ma

Q1:業務内容を教えてください。

九州エリア(山口県~沖縄県)にてLanScope製品をお取り扱い頂いているパートナー様や、製品をご検討頂いているエンドユーザー様への提案活動を行なっています。エンドユーザー様へのデモンストレーションを交えた提案活動はもちろん、パートナー様への勉強会も実施し、LanScope製品の更なる拡販活動も行なっています。

Q2:営業活動で心がけていることを教えてください。

「強い営業」であるということです。エンドユーザー様やパートナー様に寄り添いながら、頼られる存在となれるように、常に意識をしています。話し方や立ち回りなどの細かい動作や、商談時における提案方法など、「荻に任せておけば間違いない!」と思っていただけるように、試行錯誤を繰り返しています。このような積み重ねが信頼へと変わり、自身の目指す「強い営業」へのステップアップに繋がると思っています。

Q3:MOTEX営業の強みをお教えください。

個性豊かな営業マンが多いことだと思います。
私は新卒でMOTEXに入社していますが、MOTEXは中途入社の方も多く、様々なバックボーンを持っている方がいるので、学ぶ機会が非常に多いです。
学ぶ機会を得るということ以外にも、各営業マンが同じ目標に向かってベクトルを合わせて行動し、お客様の課題解決に向かって一致団結しているという「一体感」は組織としての強みでもあると考えています。

Q4:これは誇れる(自慢できる)という実績があればお教えください。

実際にLanScope製品をお使い頂いているエンドユーザー様全てが、私の自慢です。
その中でも、製品としての価値や会社としてのコンセプト、また、「荻」という人間を知って信頼して頂いた上で、「LanScope Catしかない」「MOTEXが良い」「荻から買いたい」と言って頂けた時が、営業活動の中で一番の喜びであり、誇れることですね。また、私自身がエンドユーザー様やパートナー様から誇って頂けるよう、常にアンテナを張り巡らせ「一流の営業マン」になるべく努力していきます。

Q5:MOTEX社員との思い出エピソードがあれば教えてください。

九州営業に配属されて1年目の時に、上司に同行してもらい、お客様に対してデモンストレーションを行なったのですが、事前準備や商談時のパフォーマンス含め、エンドユーザー様に合わせた提案が全く出来ませんでした。普段は、あまり落ち込むことがなく、切り替えの早い私ですが、さすがに堪えてしまいました。
そのとき、私の心情を汲み取ったのか、上司が食事誘ってくれました。商談について怒られると思い、緊張しながらお店に行きましたが、怒るどころかやさしく私の話を聞いてくれました。
決して多くの言葉はありませんでしたが、上司からの言葉には優しさと厳しさ、そして私を思いやる気持ちがひしひしと伝わってきました。失敗を繰り返さないための振り返りの重要性や、現状の課題の抽出・改善点など、自分自身を見つめ直す機会をもらえました。
どんな時でも本当に頼れる上司です!これをきっかけに一生ついていきたいと改めて思いましたね。

Q5:今後チャレンジしたいことは?

チャレンジしたいことはたくさんありますが、もっともっとたくさんの方にLanScope製品を知ってもらい、使って頂きたいと思っています。LanScope製品の魅力をお伝えすることが、営業の仕事ですので、これまで以上に業種や規模に囚われず、幅広く活動が出来ればと思っています。
また、最近ではアメリカの子会社、Interfocusの設立もあり、国内・国外問わずフィールドが広がり、自分自身の成長に繋がると思います。そのために、英語の習得はチャレンジしていきたいですね。日々の業務も含め、常にチャレンジ精神をもち、自分の可能性を信じて、何事にも取り組んでいきます。