NEWS

MOTEX通信

MOTEX社員インタビュー/笠原 隆平

本番(加工後)

Q1:業務内容を教えてください。

主には、商談時にお客様から頂く技術的なお問い合わせの対応や、オンサイトの作業、販売パートナー様にLanScope製品を販売いただくための支援をミッションとしています。
SE(Sales Engineer)という部署は社内外問わず、幅広い方々と話をする機会が多くあるので、様々な声を聞きながら最善のご提案をすることが求められます。それだけに、製品知識だけでなく、様々な立場に合わせて話をするスキルも大切にしなければならないと考えて、日々取り組んでいます。

Q2:一番心に残っているエピソードは?

入社して2年目の頃、初めて、同期の営業と一緒に新規の受注を獲得した時のことです。この案件では、LanScope製品の評価版導入から受注までをサポートさせて頂きました。評価版導入後、製品側のトラブルが発生してしまい、一時は危機的な状況となりましたが、先輩にもサポートを頂きながら問題解決に向けて取り組みました。その結果、問題を解消することができ、製品導入までたどり着くことができました。難しいことも多くありましたが、初めて自分自身で最初から最後まで対応を進めることができた、成長のきっかけとなった案件です。お客様にも喜んでいただき、とても心に残っています。

Q3:失敗談や失敗から学んだことは?

入社後、たくさんの失敗をしてきました。単純なミス、作業工程や仕事の進め方を誤ったりしたことも多々ありました。人よりたくさん失敗してきた自負があります(笑)その分、「失敗したらどうなるのか?」という怖さは人一倍、身を持って感じてきたと思います。同じ失敗を繰り返さないことも大切ですが、同じチームの仲間や、時には社外の方にも自分の経験談を伝え、自身の経験が糧となるように努めています。

Q4:MOTEXの好きなところは?

何かあったときに相談できる人がたくさんいるところです。部署によって得意とする知識や、ナレッジが異なるので、商談や対応で困ったときは、各部署のエキスパートにアドバイスをもらいながら対応しています。それぞれのエキスパートがいて、相談しやすい環境にあり、問題解決に向けてみんなで取り組めるところがMOTEXの強みであり、良いところであると思います。逆に、私も質問されることがありますが、その際は快く対応するように心がけています。

Q5:好きな休日の過ごし方は?

週に1回は野球をして身体を動かしていますし、図画工作も好きなので、雨の日は絵を描いたりしていますね。また、会社の人や、友人を呼んで、家でゲームをすることもあります。家にファミコンやスーパーファミコンができる筐体があるので、昔懐かしいゲームをしながらみんなで楽しく過ごしています。

Q6:今後チャレンジしたいことは?

販売パートナー様や、MOTEXの営業がLanScope Catを、より販売しやすい環境にするための資料やツールを作っていきたいです。例えば、LanScope Catを含めたログ管理ツールを導入されたお客様が、「ログをどう活用すれば良いのか、何が解決できるのか」といった、ログの運用方法に課題を持たれていることが多くあります。このような課題に対して、すでにご活用いただいているお客様の運用事例をもとに、設定方法などの細かいレベルにまで落とし込んだ資料をご提案させて頂くことで、「何ができるのか、どう解決していくのか」などLanScope Catのご提案がしやすいような環境を作っていきたいと考えています。