製品・サービス

IT資産管理ツール”LanScope Cat”で行なうネットワーク機器の管理

Written by Ten

ITサービス本部にて、既存ユーザ様のLanScope製品全般のテクニカルサポートを担当。
営業部で培ったフットワークの軽さとお客様の気持ちを汲み取る力で社内外の信頼を得る。

IT資産管理ツール”LanScope Cat”で行なうネットワーク機器の管理

目 次

・IT資産管理用ソフトウェアが展開できないネットワーク機器の管理
・検知機能を用いたネットワーク機器の情報収集(管理手順)
・最後に(具体的な展開手順について)

関連資料

統合型エンドポイントマネジメント「LanScope Cat」の機能をご紹介!
「LanScope Cat カタログ」

IT資産管理用ソフトウェアが展開できないネットワーク機器の管理

季節の変わり目を迎える中で「半期や一年に一回の資産棚卸しが大変!」という方も多いのではないでしょうか?
皆様の中には、もっと短いスパンで実施されている方もおられると思います。

もちろん、その様な管理工数を減らすためにLanScope CatのようなIT資産管理ツールがあるといっても過言ではありません。

ただ、「パソコンの資産管理はできても、ネットワーク機器に資産管理を行うためのソフトウェアは入れられないから今までどおり手動での管理が必要でしょ?」とおっしゃる方もいるかもしれません。
ご認識のとおり、LanScope CatでPC以外のネットワーク機器に資産管理を行うためのソフトウェアを展開して管理する・・ということは残念ながらできません。

しかし、他の機能を用いてカバーすることは可能です。

今回は資産管理用ソフトウェアが展開できないネットワーク機器の管理方法についてご案内いたします。

検知機能を用いたネットワーク機器の情報収集

皆様はLanScope Catの「検知機能」をご存知ですか?
名前のとおり、管理者が意図せず持ち込まれたPCを検知、通知したり接続情報を管理することを目的とした機能です。

動作仕様としては各セグメントごとに設置された検知エージェントでネットワークの機器やPCから発行されるARPパケットを検知し管理しますので、PCだけではなく様々なネットワーク機器の情報が収集可能です。
具体的な管理方法について、ご案内します。

① まずは、管理対象のネットワーク機器があるセグメントに、LanScope Catの検知エージェント(DA)を配置します。
※同セグメントにあるWindows端末に対して、DAをインストールしてください。

ポイント通常、24時間稼働している端末をDAのインストール対象として選定いただくことをおすすめしています(不正PCの検知が目的の場合は、DAが稼働していない時間に検知ができなくなるためです)。しかし、棚卸しの場合、機器の存在チェックが目的ですので、DAが24時間稼働していなくても問題ありません。

② DAのインストールが完了したら、Catコンソールの[セグメント]-[構成変更]にて、「ツリー情報更新」をクリックします。

Catコンソールの[セグメント]-[構成変更]にて、「ツリー情報更新」をクリック

③ DAにライセンスを付与し、機器検知機能を有効化します。
※Ver.9.0.0.0以上のDAの場合は、インストール時にライセンスが自動で付与されるため、不要です。
④ [セグメント]-[管理]をクリックして、「ノード情報」を確認しましょう。
対象セグメント内で、把握されていないネットワーク機器やLanScope Catのクライアントプログラム(MR)未導入のWindows端末などがないか確認します。また、任意項目を用意しておりますので、簡易な機器情報なども管理いただくことが可能です。
※必要に応じて、画面右上のエクスポートボタンより、CSVエクスポートを実施いただけます。台帳としてご活用ください。

 [セグメント]-[管理]をクリックして、「ノード情報」を確認
画面右上のエクスポートボタンより、CSVエクスポートを実施

上記のように各ネットワーク機器の「IPアドレス」「MACアドレス」「ホスト名」の情報を収集しますので、こちらの情報をエクスポートすることで簡単な台帳として流用することも可能です。

最後に

具体的な展開手順については以下保守サイトにございます「猫ナビ」に記載しています。
ご興味がある方は是非、ご一読ください。

猫ナビ [PC以外のネットワーク機器の資産情報を確認しましょう]
※アクセスには保守IDとパスワードが必要です

これを機に皆様の管理工数が少しでも削減されると幸いです。
まだご利用されたことが無い方は是非、ご活用を検討ください。

「LanScope Cat カタログ」
「LanScope Cat カタログ」
統合型エンドポイントマネジメント「LanScope Cat」の機能をご紹介!

資料ダウンロード(無料)