製品・サービス

PC管理もクラウドで!情報漏えい対策から「見える化」まで行える心強い味方LANSCOPEクラウド版

Written by ねこずきのねこ。

広報・販売企画・販売パートナー様支援を経て、現在プロダクトPRに携わる。

PC管理もクラウドで!情報漏えい対策から「見える化」まで行える心強い味方LANSCOPEクラウド版

この記事に関連する資料

クラウドPC管理の決定版!情報漏えい対策から「見える化」までお任せ

テレワークのセキュリティ×生産性向上を実現

資料をダウンロードする

新型コロナウイルス感染拡大を受けて注目を集めるテレワーク。政府・自治体によるテレワーク支援制度など国を挙げての取り組みとなったこの「新しい働き方」は、コロナ禍においてニューノーマルとして定着しつつあります。

コロナ禍1年の間で、我々を取り巻くテレワーク環境も充実しました。Web会議システムやビジネスチャットなど、会社から離れた場所でもオフィス勤務と同じ「モノサシ」で働ける環境づくりができるようになりつつあります。また同時に、業務の効率化やセキュリティと利便性を満たす環境の構築にクラウドサービスを選択する企業様も増えています。その反面、様々な課題が出てきている事も事実です。

本日は、クラウドで行うPC管理の課題と、その解決に役立つLANSCOPEクラウド版をご紹介します。

テレワークは「緊急的対策」から「スタンダードな働き方」に

新型コロナが収束しても元の社会には戻れないとも言われています。また、働く場所を問わないため交通障害や自然災害など様々な緊急事態下においても事業継続ができる「BCP対策」としても有効であり、テレワークの採用には大きなメリットがあります。
そのためテレワークも、目先の「緊急的導入」ではなく、今後も継続して行う「ニューノーマルな働き方」として導入を企業様も増えてきています。そこで出てくるのがテレワークならではの課題です。

テレワークでよくある課題が下記3つです。これまでのオフィス環境とは異なり、正しく・安全に働ける環境であるか把握するのが難しいケースがあります。それを解決ために役立つのがLANSCOPEクラウド版です。

テレワークに最適!クラウドで行うPC管理

LANSCOPEクラウド版では、先述の3つの課題に対し、対策が可能です。
「盗難・紛失対策」として、暗号化の機能Bitlockerの管理と紛失時の対応を迅速に行うための位置情報・リモートロックワイプ機能などが搭載されています。

「情報漏洩えい対策」としては、Wi-Fiの制御や記録メディア制御、コロナ禍で急増しているマルウェアを対策する次世代型のアンチウイルス対策※も可能です。※BlackBerry Protectの導入が必要

「働き方の見える化」には、操作ログの取得とレポートが役に立ちます。テレワークならではの心配事である“長時間労働”や“休憩取得の有無”など、正しく健康的に働けているかを可視化できます。

LANSCOPEクラウド版はIT資産管理ツール市場でトップシェアのLANSCOPE オンプレミス版で培ったPC管理のノウハウを継承しているので、PC管理に必要な機能を網羅しています。

さらにLANSCOPEクラウド版はクラウド製品ですので、サーバ―設置が不要のためイニシャルコストを抑えつつ、メンテナンス作業も不要です。導入のしやすさ・手離れの良さは、まさにテレワーク対策として最適です。

この課題に対する具体的な対策方法をご紹介したホワイトペーパーを公開中です。テレワークにおけるPC管理の課題をお持ちの方はもちろん、クラウドでPC管理をご検討の方は是非ご一読ください。

さらに、LANSCOPEオンプレミス版は、総務省が策定するテレワークにおけるセキュリティ対策の考え方・実施ポイント・対策項目・事例などを提示したガイドライン「テレワークセキュリティガイドライン」で求められている対策にも対応しています。何から対策すればよいか悩んでいる方は、ガイドラインに沿った対策を行う事をおススメします。エムオーテックスでは、最新の「テレワークセキュリティガイドライン(第5版)」を解説を公開中です。LANSCOPEオンプレミス版の対応できる範囲もホワイトペーパーでご紹介していますので、こちらもご参照ください。

関連記事

こちらもチェックしてみてください! 総務省「テレワークセキュリティガイドライン」に第5版が登場! クラウド化検討中の方も必見!チェックリストや事例解説付きでパワーアップ

この記事に関連する資料

クラウドPC管理の決定版!情報漏えい対策から「見える化」までお任せ

テレワークのセキュリティ×生産性向上を実現

資料をダウンロードする