製品・サービス

“構成プロファイル”人気の設定ベスト3をご紹介!

“構成プロファイル”人気の設定ベスト3をご紹介!

皆様、はじめまして!サービス運用課のホッピーと申します!(^-^*)

ゴールデンウィークもあっという間に過ぎ、6月となりましたが、
皆様いかがお過ごしでしょうか。

私は、ゴールデンウィークに実家へ帰り、家の片づけをしました。
実家に帰る新幹線では、iPadで本や漫画を読んだりして過ごしていましたが、
長距離の移動には非常に便利ですよね~

そんなiOSには、Apple社が提供している構成プロファイルという、
iOS端末に色々な設定を適用できる仕組みがあります。
Anでは、構成プロファイルを複数の端末に一括で適用したり、
取り除くことができます。

今回の『スマエンジニア』では、
おススメの構成プロファイルをお伝えします!(^-^ゝ

では早速、Anで登録されている、人気の設定ベスト3は・・・

【登録済みプロファイルランキング】

登録済みプロファイルランキング

  ※本データは、LanScope Anのデータを「LanScope An 利用規約」第22条に基づき、
ユーザー様(個人及び個々の企業)を識別できない形で集計・分析し、
運用・管理に役立つ情報をフィードバックさせていただいております。

「制限」、「パスコード」、「VPN」でした!!

「制限」は、カメラの利用を禁止したり、アプリ内課金の利用を制御することができます。
お取引先の企業様へ出入りの多いスタッフ向けにカメラの利用を禁止したり、
業務アプリの利用は申請ルールを設定し、アプリ内課金の利用を制御するなど
運用に合わせて利用されると便利ですね。

「パスコード」は、言わずもがなですね! 盗難・紛失対策として、
端末に設定するパスコードのポリシーを適用することができます。

設定は、《管理設定》メニューの《パスワードポリシー設定》から作成できます。

【パスワードポリシー設定画面】

パスワードポリシー設定画面

「VPN」は、端末利用者に接続先やパスワードを通知することなく、特定のサーバーに
接続できるように設定します。
Anで一括適用することで、管理者様・利用者様の設定工数を大幅に削減することができ、
社内ネットワークに接続するためのパスワードが流出してしまうリスクも軽減できます。

設定は、《管理設定》メニューの《プロファイル登録》から作成できます。
《プロファイル登録》で「作成」をクリックしますと、《プロファイルの作成》が表示されます。
「VPN」にチェックをつけ、部署ごとにプロファイルを作成する場合は「共通設定」を、
端末ごとにプロファイルを作成する場合は「個別設定」を選択します。

【プロファイルの作成画面】

プロファイルの作成画面

後は、画面に沿ってVPNの設定を入力しましょう。
これで、VPNの設定を含むプロファイルを作成できます。

本来、端末利用者に設定してもらう手間がかかったり、そのための手順書を作成したり、
時には、設定がうまく行えず管理者様へ問い合わせが発生することも多いと思います。

そこで、「制限」、「パスコード」、「VPN」などの設定を構成プロファイルで
活用することで端末の準備を楽にしよう! というのがおススメです!!

—————————————————————————————
ホッピー

執筆者 :ホッピー
近況報告:ペンネームはホッピーですが、
ハイボールのほうがもっと好きです。

今回はプロファイルについてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?
引き続き、皆様にお得な情報を発信しますので
今後もよろしくお願いします<(_ _)>