REPORT

イベントレポート

マイクロソフト社最大規模のパートナーカンファレンスイベント「WPC」レポート@カナダ

みなさんこんにちは。営業推進部の金子です。7月10日-14日にMicrosoft Worldwide Partner Conference (WPC)がカナダ、トロントで開催されました。日本からは約150社400名近くのパートナーが参加し、私も今回初参加しました。

000

 

期間中は毎日ACC(Air Canada Center)で朝8:45-11:45までが基調講演。午後は場所を移し、各セッションが開催されます。毎日100以上のセッションが行われます。セッション会場はランドマークであるトロントタワーのすぐ隣。カナダ唯一のメジャーリーグチーム、トロントブルージェイズの本拠地Rogers Centerにも隣接。残念ながら、時間の関係上両方とも見学できずでした。

さて、WPCの開始です。「地球上に存在するすべての個人、組織がより目的を達成するように」というメッセージから始まります。オープニングライブ、プレゼンを経てスタートを切ったのはCEOであるSatya Nadella氏。「全てのビジネスはデジタルビジネスである。」の一言から始まります。DigitalTransformation(デジタル変革)をキーワードに顧客、パートナービジネスの拡大がテーマです。
 <Satya Nadella氏が提唱するパートナービジネス>
 ・Engage Customers (顧客接点)    ・Empower Employees(従業員に力を与える)
 ・Optimize Operation(業務の最低化) ・Transform Products(製品の変化)

001
▲Satya Nadella氏セッション会場は超満員

 

近い将来、モノとつながるIoTの世界になる

そのチャンスに是非パートナーとの連携で顧客の変革を促したい。ITの変革はシリコンバレーからでは無く、全世界の全企業がこの変革に突入する・・・デジタル世界の本格的な到来を思わせます。世界の総データの90%は過去2年間に作られており60%のCEOがデジタルトランスフォーメーション投資で生産性を2倍にする。Fortune500の企業85%がMicrosoftのCloudを利用している。というコメントからもクラウドビジネスへの本気度がうかがえます。

クラウドはただのデータを貯める場所ではなくデジタル変革をするベースへ。例えばMicrosoft AppSorceでDynamincs CRMがOffice365の様なモダンなインターフェースで様々なアプリケーションと連携が出来るようになります。「チャンスは目の前にある。Microsoftはパートナーとこの世界をより変革させたい。」強いメッセージが込められています。

004
▲デジタルトランスフォーメーションの推進が新たな価値を創造

 
デモンストレーションで力を入れていたのは新技術である「Microsoft Hololens」。JALと提携しており、実際に使われているそうです。複雑なエンジンのメンテナンス研修の際に、従来は実際のエンジンが目の前に無いと出来ません。Hololensを介してどの部品が何の役割があるのか?自由に角度を変えたり、本来エンジンは大変複雑な構造なのですが、1つの部品をバーチャル上に抜き出し役割を簡単に見る事ができます。エンジン稼働時には危険ゾーンや気を付けるポイントなどもHololensを介して表示。わかり易く実演してくれました。

003
▲現実と仮想が織り成す未来感満載のMRゴーグル

 

Hollorensのデモ最後はPGA(Professional Golf Associateion-プロゴルフ協会-)での利用です。ゴルフ場を映し出し自由にコースを見るだけでなくツアー参加のプロがどこにショットしたのか、スコアは、フェアウェイキープ率は?などリアルタイムに分析でき、結果データから練習などに生かすことも出来ます。

003
▲ゴルフデータを可視化することで初心者もより楽しめそうです
 

基調講演で登壇されたのはGEのCEOであるJeff Immelt氏。GEにおける変革の一つとして、GEが利用するPredixとAzure上での稼働を宣言しました。Jeff Immelt氏は最後に「変化をしなければならない。我々は25年前にはすべて委託しようとしていた。しかしそれでは巧くいかない事に気づいた。内部からの変化が必要である。」と締めくくりました。

004
▲迫力あるスピーチで会場を圧倒するJeff Immelt氏
 

Cortana Intelligence Suiteも進化しています

Microsoft Cognitive Services(マイクロソフト認知サービスAPI)は視覚や聴覚、声といった人間の自然なコミュニケーションを可能にするインテリジェントAPIです。スクリーンではマクドナルドでのドライブスルーのやり取りが紹介されており人との自然なやり取りを見せていました。また、ほとんど視力が無い人に本サービスを搭載したウェアラブルデバイスにより視力を取り戻し、娘と遊ぶ姿が映像で流れます。ビデオが終わると本人の登壇。会場から感動の声と温かい拍手が贈られました。

ITは世界を変える、まさにDigitalTransformationを実感させてくれるイベントでした。日本から参加されていたパートナーの皆様とも交流が図れ、参加させて頂き感謝です。

今回は4日にわたる基調講演のポイントをレポートさせて頂きました。来年も機会があればぜひ参加したいと思います。

005
▲会場となったカナダトロントの町並み

 

kaneko-150x150

この記事を書いた人
金子 大輔
西日本、東日本、中部で営業を経験した後、営業推進部へ配属。現在はパートナー、アライアンス、マーケティングを担当。趣味はゴルフ、野球、料理(食べる、作る)