TREND

市場動向

働き方改革対応ポイントは業務改善!現状把握と改善で働き方改革は実現する

日本の新しい働き方を推進する「働き方改革」。安部内閣における重点課題として掲げられており、これまでの日本固有の企業文化やライフスタイルなど、「働く」ということ自体に着目した改革です。実際、多くの企業がこの対応に乗り出しています。しかし企業を取り巻く労働状況は複雑化しており、何から始めるのが良いか迷っている企業が多いことも事実です。

今回は、「働き方改革」を現状把握と業務改善で取り組む方法をご紹介します。

■働き方改革対策のポイントは業務改善!現状把握と改善で働き方改革は実現する
ホワイトペーパーをダウンロードする

背景は生涯日本経済が元気であること!生産性向上を阻害する様々な課題

そもそも「働き方改革」が必要になった根本として、将来の日本経済をより良くすることにあります。しかし課題は山積しており、特に少子化による働き手の減少が日本経済に与える影響は甚大です。さらに昨今話題に上がっている長時間労働の問題や、働き方の多様化、雇用体系による待遇の差などによる生産性向上の阻害も挙げられます。

業務効率向上には現状把握と改善が効果的

MOTEXにも「長時間労働」「働き方改革」にLanScope Catを活用できないかという相談が急増しています。収益を落とさず、かつサービス残業をしないような体制が求められる中、どのように対策を行うべきか。LanScope で実現できる「働き方改革」をご紹介いたします。

<関連ページ>
■対策はできている?改正個人情報保護法 「5,000件要件の撤廃」「外国の第三者への提供制限」
https://www.lanscope.jp/product/5979/

■1か月の残業は原則45時間まで…「働き方改革」で求められる企業の課題をLanScope Catで解決!
https://www.lanscope.jp/product/6533/

スマートデバイスなどのIT機器の活用も効果的

残業時間の上限規制による効率化には、IT機器を活用した効率化も効果的です。スマホやタブレットなどのスマートデバイス活用はスマートデバイスを活用することで、生産性の向上や業務効率化を図ることができます。

<関連ページ>
■「働き方改革」をスマートデバイス活用で実現! ドコモの失敗と成功から学ぶ「働き方改革」のメソッド!https://www.lanscope.jp/report/6679/

「働き方改革」と言えば時短と捉えられがちですが、この改革には「生産性の向上」を実現しながら「労働力確保」が何よりも重要です。そのために、個人の能力や環境に応じた働き方を構築し、より多くの人が快適に働ける企業体系や風土を整えることが重要です。企業に合わせた「働き方改革」で、企業力を高めましょう!