PRODUCT

製品/サービス

Windows 10の運用課題をLanScope Catで解決!Part.2

Windows 10の運用課題をLanScope Catで解決!Part.2
目 次

よくあるご質問
その1:Windows10 のBitlocker 機能を利用しているが、回復パスワードが分からなくなってしまう。もしくは管理、保管が大変。
その2:最近、コンソールの表示に時間がかかるようになってきた。改善方法はありますか?
その3:Cat コンソール画面内の用語がよくわからない場合の調べ方は?
その4:Cat コンソールのクライアントアイコンの表示名を最新のコンピューター名にできますか?

関連記事

【前回の記事】
Windows 10の運用課題をLanScope Catで解決!

関連資料

資産管理ツールLanScope Catを使用するメリットをご紹介します。
LanScope CatでできるWindows 10管理

CatPortalでいろいろな課題を解決!

前回の記事では、CatPoralで公開している、Windows10の管理を行う上での便利なツールや資料をご紹介いたしました。今回はWindows10に限らず、クライアント管理、LanScope Catを利用する上でよく出てくる課題に対して、CatPortalで公開している便利情報や資料、ツールをご紹介いたします。

よくあるご質問 その1:Windows10 のBitlocker 機能を利用しているが、回復パスワードが分からなくなってしまう。もしくは管理、保管が大変。

Windows10導入に伴い利用が拡大しているBitlocker機能。PCの紛失対策に便利な機能ですが、回復パスワードの管理など運用面で課題があります。LanScope Catを利用することで、運用の効率化ができます。
[図]設定イメージ

[図]設定イメージ

以下の資料では、ツールを使用してクライアントPCの回復パスワードを取得する方法、取得した回復パスワードをCatコンソールで閲覧・管理する方法について紹介しています。

参考資料:BitLocker回復パスワード取得ツール
▶(CatPortal)https://tryweb2.motex.co.jp/cat/userportal/download/dl_document_c9.html#C9-373
※ログインにはID/PWが必要です

よくあるご質問 その2:最近、コンソールの表示に時間がかかるようになってきた。改善方法はありますか?

LanScope Cat の運用期間が長くなるとデータベースのインデックスの断片化が進み、Cat コンソールやWeb コンソールで、「CSV エクスポート」、「ログ検索」、「レポート表示」などのスピードが遅くなります。各コンソールの性能劣化を防止するためには、定期的にデータベースのインデックスを最適化するメンテナンスをご案内しています。

確認の流れ

[図]確認の流れ

以下の資料ではデータベースのインデックスの断片化状況を把握し、最適化を行うことができるツールと手順を紹介しています。

参考資料:インデックス最適化ツール
▶(CatPortal)https://tryweb2.motex.co.jp/cat/userportal/download/dl_document_c9.html#C9-365
※ログインにはID/PWが必要です

よくあるご質問 その3:Cat コンソール画面内の用語がよくわからない場合の調べ方は?

Cat コンソール画面で、よくわからない用語や設定項目があった場合の強い味方としてVer.9.1.0.0 より「画面ヘルプ」を用意しています。画面ヘルプは、開いている画面の使い方や用語説明をぱっと表示する便利なヘルプです。少しでも画面内で「ん?」となるようなことがあればF1(もしくは?マーク)をクリックしてください。

なお、画面ヘルプは単体のHTML としても利用可能です。必ずしもコンソール画面から呼び出さなくても画面の確認ができますので、例えば「ある機能のポリシー設定項目を確認したいとき」といった使い方や「あの画面で取得できる情報を確認したいとき」など、いろいろな場面でご活用いただけます。

参考資料:LanScope Cat 画面ヘルプ
▶(CatPortal)https://tryweb2.motex.co.jp/cat/userportal/download/dl_document_c9.html#C9-420
※ログインにはID/PWが必要です

よくあるご質問 その4:Cat コンソールのクライアントアイコンの表示名を最新のコンピューター名にできますか?

Cat コンソールのツリーに表示するアイコンの名称(クライアント名)は自由に変更して運用することができます。
MR インストール時は、その時のコンピューター名をクライアント名として取得しますが、その後端末のコンピューター名を変更しても、クライアント名には反映されません。定期的にコンピューター名を変更されている場合、だんだんと実際のコンピューター名と違うクライアントアイコンが多くなり、端末の特定がしづらくなります。

以下の資料では、クライアント名を常に最新のコンピューター名に更新してLanScope Cat を運用することができるツールと設定手順を掲載しています。

参考資料:クライアント名を最新のコンピューター名に変更するツール
▶(CatPortal)https://tryweb2.motex.co.jp/cat/userportal/download/dl_document_c9.html#C9-072
※ログインにはID/PWが必要です

今回はCatPortal で公開している便利ツールについてご紹介いたしました。今後もユーザー様に役立つ情報を多く発信していきますので、CatPortal のご活用をぜひよろしくお願いします。