Apple Business Manager

Apple Business Managerに対応
自動デバイス登録(DEP)と
アプリの一括入手・配信(VPP)で
高度な iOS デバイス管理を実現します
Apple Business Managerとは
デバイスを効率的にMDMツールの管理下に置き、アプリの配信や
デバイスの利用制御などを実現できるApple 社が提供するプログラムです。

01. 自動デバイス登録(DEP)

Apple Business Manager と LanScope An を連携し、デバイスの初期設定を効率化。またデバイスを監視モードに自動適用し、MDMプロファイルの削除禁止などを実現します。

自動デバイス登録を利用するメリット

初期設定工数の削減 デバイスのアクティベーション(初期設定)時に表示される設定アシスタントを一部スキップできます。
MDM構成プロファイルがデバイスのアクティベーション(初期設定)完了後に自動インストールできます。
LanScope Anの管理・運用面 デバイスを監視モードに自動適用できます。
MDM 構成プロファイルの削除を禁止できます。

02.監視モードに自動適用

自動デバイス登録を利用することで、デバイスを監視モードに自動適用できます。監視モードに設定することで、構成プロファイルを利用したデバイスの利用制御や紛失モードの利用など、より高度なデバイス管理を実現します。

自動デバイス登録を利用して、デバイスを監視モードに設定することで、MDM構成プロファイルの削除を禁止。デバイスが LanScope An の管理下から離脱することを防止します。

画像を拡大表示

App Store の利用禁止、OS アップデートの延期、Air Drop の利用禁止など、より細かいデバイスの利用制限を実施できます。

画像を拡大表示

メッセージを表示して画面ロックを実行するだけでなく、デバイス上での画面ロック解除を禁止します。
またデバイス上の位置情報モードが無効の場合でも、デバイスがネットワークに接続されていれば、管理コンソールから強制的に位置情報を取得できます。

画像を拡大表示

03.アプリの一括配信(VPP)

Apple Business Manager 上で一括入手したアプリを、LanScope An に連携しデバイスに配信できます。Apple ID が設定されていない、 App Store の利用を禁止しているデバイスに対してもインストール・アップデート配信が可能なため、効率的なアプリ配信が可能です。

画像を拡大表示

PICK UP

アプリカタログ機能
デバイス利用者が任意のタイミングで、アプリをインストール

管理者が設定したアプリを、デバイス利用者が選択し、任意のタイミングでインストールできます。もちろん、Apple IDを設定していない・App Storeを禁止しているデバイスでも、いつでもインストールが可能です!

iOSのDEPを利用するメリットをご紹介!

導入開始までの工数の大幅削減などDEPのメリットをご紹介します!

資料ダウンロード(無料)

機能一覧を見る