動作環境

動作確認OS一覧

管理コンソール ※Windows・macOS のみ利用できます

対応ブラウザー FireFox / Google Chrome / Microsoft Edge
通信環境 以下ポートを解放してください。
  • HTTPS 通信(port:443)

管理対象デバイス ※OS・機種別の制限事項はこちらを参照してください。

iOS / iPadOS 対応 OS MDM構成プロファイル:iOS 12 ~ 17 / iPadOS 12.5 ~ 17
LANSCOPE Client(アプリ):iOS 12 ~ 17 / iPadOS 12.5 ~ 17
通信環境 以下ポートを解放してください。
  • APNs(Apple Push Notification Service)による通信(port:5223)
  • HTTPS 通信(port:443)
  • プロキシサーバーを経由するネットワーク環境での動作確認は行っていません。プロキシサーバー経由での運用を開始する前に、お客様環境での動作確認を行ってください。
    ※プロキシサーバー経由でご利用いただく場合の条件につきましては、お問い合わせください。
  • iPhone、iPad、iPod touchに対応しています。
  • 構成プロファイル、DEP、VPP、リモート操作などの機能は、Apple 社が提供するプログラムやサービスを利用しています。
    そのため、各機能の動作は Apple 社提供プログラムやサービスの仕様に依存します。
    お問い合わせ内容によっては、Apple 社へのご連絡を案内させていただきます。あらかじめご了承ください。

管理対象デバイス ※OS・機種別の制限事項はこちらを参照してください。

Android 対応 OS Android 7 ~ 14
通信環境 以下ポートを解放してください。
  • FCM(Firebase Cloud Messaging)による通信(port:5228, 5229, 5230)
  • HTTPS 通信(port:443)
  • プロキシサーバーを経由するネットワーク環境での動作確認は行っていません。プロキシサーバー経由での運用を開始する前に、お客様環境での動作確認を行ってください。
    ※プロキシサーバー経由でご利用いただく場合の条件につきましては、お問い合わせください。
  • LANSCOPE Client は、Androidデバイスのメインユーザーにインストールしてください。
    LANSCOPE Client をインストールしたユーザーと異なるユーザーでAndroidデバイスを使用した場合や、
    複数のユーザーにLANSCOPE Client をインストールした場合、正常にデバイス管理ができなくなります。
  • Google Play プロテクトの認定を受けているスマートフォン、タブレットがサポート対象です。
    ただし、Google Play プロテクトの認定を受けていても、メーカーにより独自にカスタマイズされた OS を搭載しているデバイスでは、
    LANSCOPE エンドポイントマネージャー クラウド版 が動作するために必要な権限を取得できないことや正常に動作しない場合があります。
    そのため、体験版にて各機能が正常に動作することを確認してください。
  • デバイス利用制限、アプリ管理、キオスクモードなどの Android Enterprise の機能は、Google 社のサービスを利用しています。
    そのため、各機能の動作は Google 社の Android Enterprise やサービスの仕様に依存します。
    お問い合わせ内容によっては、Google 社へのご連絡を案内させていただきます。あらかじめご了承ください。

管理対象デバイス ※OS・機種別の制限事項はこちらを参照してください。

Windows 対応 OS Windows 10の各エディション(32bit / 64bit)および、
Windows 11の各エディション(64bit)
※ Windows 11 2023 Update(23H2)まで対応(一部制限事項があります)
Windows Server 2016 , 2019 , 2022 の Standard , Essentials , Datacenter
通信環境 以下ポートを解放してください。
  • HTTPS 通信(port:443)
対応言語 Windows 用 LANSCOPE Client が英語 OS、中国語 OS に対応しました。
英語 OS、中国語 OS では、LANSCOPE Client アプリ上の文言は英語で表示されます。
  • 次のどのアカウントでサインインした場合でも LANSCOPE エンドポイントマネージャー クラウド版 の機能を利用できます。アカウントの切り替え、複数アカウントによるサインインにも対応しています。
    - Microsoft アカウント…管理者 / 標準(ユーザー)権限
    - ローカルアカウント…管理者 / 標準(ユーザー)権限
    - Active Directory ドメインアカウント…管理者 / 標準(ユーザー)権限
    ※LANSCOPE エンドポイントマネージャー クラウド版は「デバイス」単位で管理するため、取得情報がどのアカウントのものかを確認することはできません。
  • BitLocker および TPM が搭載されていないデバイスはリモートワイプに対応していません。
  • 対応済みの仮想化製品、かつ LANSCOPE エンドポイントマネージャー クラウド版が動作する対象 OS であれば、LANSCOPE は動作します。
    ただし、LANSCOPE 導入時、または導入後に仮想化環境製品の設定変更やバージョンアップする際には、
    事前に動作検証を行っていただきますようお願いします。
    仮想化製品に起因する課題は対応できない可能性があります。
    ※CPMS、REMO-CON、Webフィルタリングについては、それぞれの動作環境情報をご確認ください。
  • 仮想化対応済み環境は次のとおりです。

    ■仮想化プラットフォーム

    - VMware… ESX、ESXi
    - Microsoft… Hyper-V、Azure Virtual Machines
    - Amazon…Amazon EC2

    ■仮想デスクトップサービス

    - VMware…Horizon、Horizon Cloud
    - Citrix…Citrix Virtual Apps and Desktops、Citrix Cloud
    - Microsoft… Azure Virtual Desktop(シングルセッション)、Windows 365
    - Amazon…Amazon Workspaces

    ※仮想デスクトップについて VDI 方式には対応していますが、SBC 方式には対応していません。

  • Web アクセス機能に対応する Web ブラウザーは、次のとおりです。
    Google Chrome / Microsoft Edge / Mozilla Firefox / Mozilla Firefox ESR / Internet Explorer
    ※Webアクセスログは、Web ブラウザーや Web サービスの仕様変更により、一部のログが取得されなくなる場合があります。

管理対象デバイス ※OS・機種別の制限事項はこちらを参照してください。

macOS 対応 OS macOS Catalina / macOS Big Sur / macOS Monterey / macOS Ventura / macOS Sonoma
推奨環境 クアッドコア(4コア)以上
通信環境 以下ポートを解放してください。
  • APNs(Apple Push Notification Service)による通信(port:5223)
  • HTTPS 通信(port:443)
  • プロキシサーバーを経由するネットワーク環境での動作確認は行っていません。プロキシサーバー経由での運用を開始する前に、お客様環境での動作確認を行ってください。
    プロキシサーバー経由でご利用いただく場合の条件につきましては、お問い合わせください。
  • Apple Sillicon チップ搭載デバイスにも対応しています。
  • 構成プロファイル、DEP、リモート操作などの機能は、Apple 社が提供するプログラムやサービスを利用しています。
    そのため、各機能の動作は Apple 社提供プログラムやサービスの仕様に依存します。
    お問い合わせ内容によっては、Apple 社へのご連絡を案内させていただきます。あらかじめご了承ください。
  • Web アクセス機能に対応する Web ブラウザーは、次のとおりです。
    Google Chrome / Mozilla Firefox / Mozilla Firefox ESR / Safari
    ※Web アクセスログは、Web ブラウザーや Web サービスの仕様変更により、一部のログが取得されなくなる場合があります。

LANSCOPE デバイス検査(有償オプション)

管理対象デバイス ※OS・機種別の制限事項はこちらを参照してください。

Windows 対応 OS Windows 10 Home / Pro / Enterprise / Education
Windows 11 Home / Pro / Enterprise / Education
※64bit 日本語版のみ対応
通信環境 以下ポートを解放してください。
  • HTTPS 通信(port:443)
  • 仮想環境には対応していません。

LANSCOPE Webフィルタリング(有償オプション)

管理対象デバイス

iOS / iPadOS 対応 OS iOS / iPadOS 15 ~ 16
対応ブラウザー Safe ブラウザー(Webフィルタリング専用ブラウザー)
Android 対応 OS Android 9 〜 13
対応ブラウザー Safe ブラウザー(Webフィルタリング専用ブラウザー)
Windows 対応 OS 32bit / 64bit
  • Windows 10 Home / Pro / Pro for Workstations / Enterprise / Education
  • Windows 11 Home / Pro / Enterprise / Education
※日本語版のみ対応
CPU OS の動作要件を満たすこと
※ARM 製や ARM ベースの CPU はご利用いただけません。
メモリ OS の動作要件を満たすこと
HDD 120MB 以上の空き領域(エラーログ使用領域を除く)
対応ブラウザー
  • Microsoft Edge(Microsoft)
  • Firefox / Firefox ESR(Mozilla)
  • Chrome(Google)
その他 クライアントモジュールをインストールするコンピュータでは、DNSによる名前解決ができる必要があります。
  • VDI 環境を使用する場合
    - Vmware…Horizon View / ESXi
  • 全ての動作を保証するものではありません。
  • お客様で事前の動作確認を行ってください。
  • プログラムの修正などが発生する場合は、原則として最新 OS Ver での提供になります。
  • 機種に依存する不具合には対応できない場合があります。

フィルタリングキャンセラ

Windows 対応 OS Windows 32 on Windows 64(WOW64)、64bit アーキテクチャ
  • Windows Server 2012 Standard
  • Windows Server 2016 Standard
  • Windows Server 2019 Standard
CPU OS の動作要件を満たすこと
※ARM 製や ARM ベースの CPU はご利用いただけません。
メモリ OS の動作要件を満たすこと
HDD 200MB 以上の空き領域(エラーログ使用領域を除く)
  • フィルタリングキャンセラのサポート対象は Windows 版 のみとなります。
  • フィルタリングサーバーと同居する場合、フィルタリングサーバー側のシステム要件に準じます。
  • 仮想環境を使用する場合、対応している上記 OS を、ゲスト OS 上で動作保障している仮想環境が対象です。
  • 全ての動作を保証するものではありません。
  • お客様で事前の動作確認を行ってください。
  • プログラムの修正などが発生する場合は、原則として最新 OS Ver での提供になります。
  • 機種に依存する不具合には対応できない場合があります。

LANSCOPE エンドポイントマネージャー クラウド版向け Splunk App

「LANSCOPE エンドポイントマネージャー クラウド版向け Splunk App」をご利用前に必ずお読みください。

  • Splunk Cloud のトライアル版は対応していません。
  • Splunk Enterprise には自己署名証明書ではないサーバー証明書の設定が必要です。