操作ログ

デバイス利用/アプリ利用/電話発着信ログなど操作ログを自動で取得

デバイス利用ログ

  • iOS
  • Android

電源ON/OFFではなく、実際に操作している時間を取得。
貸与しているデバイスが利用状況を見える化し、費用対効果の把握やIT資産の最適化を促進します。

操作時間で利用状況がわかる

アプリ利用ログ

  • Android

利用したアプリの名前、利用日時、利用時間を取得。
業務とは関係の無いアプリの利用が多い社員には注意喚起を促し、適切なデバイス利用を促進できます。

電話利用ログ

  • iOS
  • Android

電話の発信/着信回数や時間、通話相手の電話番号を取得。「いつ」「誰と」「どれくらいの時間」通話をしていたのかが一覧で分かります。

※iOSは通話相手の電話番号が取得できません。

※iOSはiOS10.0以上に対応しています。

PICK UP

操作ログはレポートで確認!

デバイスの利用状況を見える化する豊富なレポートをご用意しています。管理部門での活用状況の把握、また経営層への報告として利用できます。また取得した操作ログは2年間保存でき、一括で出力することも可能です。

詳細はコチラ「レポート機能」

お客様の声

Case 08 通話明細サービスの代わりにAnを導入し、コストパフォーマンスが大きく向上!

  • iOS
  • Android
  • Windows
  • macOS
業種
卸売・小売業(商社、輸入雑貨取扱い)
従業員
226
台数
103台
区分
  • 新規
  • 乗り換え
利用期間
3年3か月

Androidスマートフォンを営業部へ支給しています。紛失対策を目的に別のMDMを導入していましたが、営業担当者がスマートフォンを私的利用していないか確認する為、MDMに加えて、通話履歴をチェックできる「通話明細サービス」も活用していました。そんな中、経営陣より費用面の改善を求められ、これまでの管理レベルを落とすことなく運用できるツールへ再検討し、LanScope Anを導入しました。Anでは、利用していた「通話明細サービス」と同等の月額料金で、紛失対策に必要なリモートロック・ワイプやその他機能に加え、発信先・着信元の電話番号や通話時間などのログも取得できるので、これまで以上の管理を2分の1のコストで実現できました。

その他お客様の声をみる

機能一覧を見る