セキュリティ

デバイスの利用制限やOSアップデート管理を実現
万が一の紛失時にはリモートロックやワイプで対応

リモートロック/ワイプ

  • iOS
  • Android
  • Windows
  • macOS

遠隔でデバイスに対して画面のロックをしたり、データの初期化やドライブへのアクセスを制御します。

※リモートロック、ワイプはOSによって仕様が異なります。詳細はお問い合せください。

画像を拡大表示

PICK UP

ビジネスチャットから紛失対策を実現!

デバイスの紛失が発生するのは必ずしも業務時間中とは限りません。業務時間外で、管理者がLANSCOPE クラウド版 の管理コンソールを利用できない場合でも、紛失した本人がビジネスチャットから最新位置情報の確認やリモートロック・ワイプ機能を利用し、対策を行えます。

チャットから紛失対策の詳細はコチラ

紛失モード

  • iOS

「紛失モード」を有効にすることで強制ロックを実行し「回収用のメッセージ」と「連絡先情報」を紛失デバイスの画面に表示することができます。さらにデバイスの位置情報サービス設定がオフになっている場合でも強制的に位置情報を取得できます。

※紛失モードは、iOS9.3以上且つ監視モードに設定されているデバイスのみ対象です。

パスワードポリシー

  • iOS
  • Android
  • macOS

パスワードの桁数や、英字、数字、複合文字使用など、会社共通のパスワードポリシーをデバイスに一括で適用できます。

画像を拡大表示

アラート設定/デバイス通知

  • iOS
  • Android
  • Windows
  • macOS

取得した資産情報をもとに、設定したルールに違反したデバイスをひと目で把握できます。またアラート内容を管理者にメールで定期通知が可能。多忙な管理者様でも負担が少ないデバイス管理を実現します。

画像を拡大表示
資産情報に関する
アラート
  • 端末の未稼働日数
  • 管理外デバイス
  • 端末の空き容量
  • パスコードロックがオフ
  • 必須アプリの未稼働
  • 必須アプリの未インストール
  • 不許可アプリのインストール
  • 新規プロファイルのインストール
  • 位置情報設定の無効
  • パスコードポリシーの非準拠
  • リモートワイプの無効
  • Root化
  • Jailbreak
  • SIMカードの挿入状態の変化
  • OSバージョンの指定範囲外
  • LANSCOPE クライアントの未稼働
  • LANSCOPE クライアントのバージョンが最新ではない
  • リース期限報告
資産情報に関するアラート
  • 端末の未稼働日数
  • 管理外デバイス
  • 端末の空き容量
  • パスコードロックがオフ
  • 必須アプリの未稼働
  • 必須アプリの未インストール
  • 不許可アプリのインストール
  • 新規プロファイルのインストール
  • 位置情報設定の無効
  • パスコードポリシーの非準拠
  • リモートワイプの無効
  • Root化
  • Jailbreak
  • SIMカードの挿入状態の変化
  • OSバージョンの指定範囲外
  • LANSCOPE クライアントの未稼働
  • LANSCOPE クライアントのバージョンが最新ではない
  • リース期限報告

※OSによって設定できるアラートの内容は異なります。

構成プロファイル配信/削除

  • iOS
  • macOS

構成プロファイルを利用してApp Storeやカメラ、Safariなどの利用制限等、各種設定を複数のデバイスに一括で配信でき、効率的に設定を適用できます。

画像を拡大表示

Windows10 アップデート管理

  • Windows

サポートが終了している、または終了間近のOSをインストールしているデバイスや最新の品質更新プログラムが未適用のデバイスをレポート形式で把握できます。また未適用のデバイスに対して最新の機能更新プログラムや品質更新プログラムを設定できます。

画像を拡大表示

記録メディア制御

  • Windows

グループ単位で USB メモリなどの利用を禁止、また会社支給の USB のみ許可、指定した期間のみ利用許可などの除外設定ができます。また禁止されている記録メディアが利用された場合、利用者にダイアログを表示し、注意喚起できます。

画像を拡大表示

BitLocker 回復キー取得

  • Windows

Windows10ではドライブ暗号化機能であるBitLocker が標準で搭載されました。LANSCOPE クラウド版 ではBitLockerによる暗号化の設定有無の状況や回復キーを取得できます。また万が一の紛失時にはリモートワイプ機能で回復キーをデバイスから削除、起動できない状態にできます。

画像を拡大表示

お客様の声

Case 10 違反デバイスを管理者にメールで通知、ルールに沿った活用へ大幅改善!

  • iOS
  • Android
  • Windows
  • macOS
業種
製造業(清涼飲料製造業)
従業員
328
台数
171台
区分
  • 新規
  • 乗り換え
利用期間
3年8か月

iPhoneの契約更新のタイミングで、当時利用していたMDMの課題を解決できないかと再検討を行い、LanScope Anを導入しました。以前のMDMでは、パスワードポリシーに準拠していない違反デバイスが、どのデバイスなのか確認がしづらかった為、迅速に対策を打つことが出来ず困っていました。一方でAnは、レポート形式でポリシー違反のデバイスが何台あるか、どのデバイスなのか簡単に確認ができます。また、ポリシー違反のデバイスを検知したら、管理者にメールで通知がされるため、リアルタイムに状況把握ができ助かっています。ポリシー違反のデバイスの使用者に、都度注意喚起を行っているため、現在では違反通知がされることはほとんど無くなりました。

その他お客様の声をみる

機能一覧を見る