LanScope Catとは

統合型エンドポイントマネジメント

LanScope Cat

LanScope Catは、IT資産管理〜内部不正/外部脅威対策を1つのツールとして提供することで、シンプルなITマネジメントを実現。
これにより、これまでかかっていた運用コスト/時間/リソースの大幅な削減が可能となります。
これにより、セキュリティリスクを下げならが、企業が本来なすべきことに集中できる環境をご提供します。

Secure Productivity(安全と生産性の追求)”を
実現する統合型エンドポイントマネジメントで
コストおよび対応リソースの劇的な削減を実現します。

企業の生産性を高め、同時に大切な情報資産を守るためには、「エンドポイント」を管理することが重要です。
なぜなら、IT資産管理/内部不正対策/外部脅威対策の全てと密接に関係し、最もリスクにさらされているものは「エンドポイント」であるからです。
しかし、それらの管理には複数のツールを組み合わせる必要があり、その運用はますます複雑化しています。
「統合型エンドポイントマネジメント」LanScope Catは、これらを統合管理する事で、シンプルで効率的なITマネジメントを実現します。

  • 一般的なIT資産管理の現状

    Webアクセス管理
  • LanScope Catで実現するITマネージメント

    Webアクセス管理

『IT資産管理ツール』から
統合型エンドポイントマネジメント』へ

LanScope Catは1996年の誕生以来、ITの進歩と共に成長し続けてきました。
ハードウェアやソフトウェア自体が高価であった1990年代には、それらを管理する為の資産管理。IT活用がさらに活発化する中2000年からは、企業にとって重要な資産となる個人情報の保護。そして2016年、高度化/深刻化するサイバー脅威に対応すべく新たに「外部脅威対策」の分野に機能拡張し、『IT資産管理』から『統合型エンドポイントマネジメント』へと進化しました。
IT資産管理ツールからスタートしたLanScope Catだから実現できた『統合型エンドポイントマネジメント』は、シンプルな運用をご提案します。

IT資産管理

1990年〜:資産を守る

内部不正対策

2000年〜:情報を守る

外部脅威対策

2016年〜:人を守る

IT資産管理

お客様を取り巻く環境の変化

①高価なハード/ソフトの資産管理
②PC/ネットワークトラブルとの闘い
③Windows 95の発売

IT資産管理内部不正対策

お客様を取り巻く環境の変化

①個人情報保護法の施行(2005年)
②日本版SOX法の施行(2008年)
③リーマン・ショック後のコスト削減

IT資産管理内部不正対策外部脅威対策

お客様を取り巻く環境の変化

①標的型攻撃やランサムウェアなどサイバー脅威の深刻化
②クラウドサービス利用の本格化、シャドーITの脅威
③働き方改革を発端に、多様化する働く環境、制度の変化

LanScope Catで実現する統合型エンドポイントマネジメント