パソコンからスマホまでまとめて管理

インターネットにつながる
全てのPCを管理

クラウド基盤に対応。
通信が暗号化されているから、インターネット経由でも安全にPCを管理できます。

社内全体も 海外拠点も 外出先も

LanScope Cat インターネット経由で一括管理

Amazon Web Services

Amazon Web Services(以下AWS)やMicrosoft Azureなどのパブリック/クラウドにマネージャーを構築し、
公衆無線LANなどのインターネット経由でもセキュアな通信でPCを管理できます。

CatをAWSに構築し、国内50拠点/海外2拠点を含めた700台のPCを一元管理。

PC/スマホ/タブレット
あらゆるデバイスを管理

マルチデバイス対応。
セキュリティ対策もLanScope Catで。

WindowsもMacもまとめて管理

ファットクライアントLanScope Cat

国内はもちろん海外拠点のWindows端末やMac端末の資産管理/セキュリティ対策もまとめて管理できます。

Windows(Unicode対応)
Windows端末の資産管理、操作ログ管理、Webアクセス監視、デバイス制御、メール監視、アプリID監査ができます。
Unicodeに対応しており、日本語以外に英語/中国語(簡体字)のOSも正式にサポートしています。
Mac(Unicode対応)
Mac端末の資産管理、操作ログ管理、Webアクセス管理、デバイス制御ができます。
Mac端末管理の独自機能として、モリサワフォントなどのフォント管理機能を実装しています。

スマホ/タブレットも管理

スマートデバイスLanScope An

スマートフォン、タブレットの紛失/盗難対策からモバイル端末ならではの現在位置や移動履歴まで管理できます。

LanScope Anの詳細

iOS
iPhoneやiPadの資産管理、位置情報管理、紛失/盗難対策、構成プロファイル管理ができます。カメラ禁止やApp Store禁止などよく使う構成プロファイルがすぐに使えるように予めセットしています。
Android
端末の資産管理、位置情報管理、紛失/盗難対策、操作ログ管理ができます。独自機能の操作ログ管理では、アプリ利用、Web閲覧、電話発着信、設定変更のログを収集しレポーティングします。
Windows
Windowsタブレットの資産管理、位置情報管理、紛失/盗難対策ができます。

仮想デスクトップ環境にも対応

シンクライアントLanScope Cat

シンクライアント環境での在宅勤務など新たなワークスタイルにおいても業務状況を見える化します。

amazon web service citrix vmware

VDI方式
仮想デスクトップごとにPC監視エージェント(MR)をインストールして、Windows端末と同様の管理ができます。Amazon WorkSpaces、Citrix XenDesktop、 VMware Horizon/Horizon Air、VirtualPCCenterに正式対応しています。

※ 通常のクライアントライセンスが必要です。

VDIサーバー
SBC方式
SBCサーバーに監視エージェント(MR)をインストールし、ログオンユーザーごとに操作ログ管理/Webアクセス管理/アプリID監査ができます。VMware Horizon RDSH、Citrix XenApp、Remote Desktop Servicesに正式対応しています。

※ バーチャルキャットライセンスが必要です。

SBCサーバー

社内にあるPC以外の機器も
まとめて管理

周辺機器LanScope Cat

USBやルーター、HUB、プリンターといった周辺機器もインポートして管理できます。

機能紹介を見る

LanScope Catで実現する統合型エンドポイントマネジメント