IT資産管理とは

IT資産管理
IT資産管理とは、パソコンやサーバーなどの「ハードウェア」、システムやライセンスなどの「ソフトウェア」、プリンタや複合機などの「周辺機器」、メモリーカードやUSBなどの「記憶媒体」、そしてケーブルや無線LANなどの「インフラ」といったIT関連の資産を管理することを指します。これらが適切に管理されていればパソコンが余っているにも関わらず新品を購入してしまうことや、不必要なソフトウェアを購入してしまうといった無駄な投資を防ぐことが可能です。コスト削減や業務効率化を目指している企業にとって大きなメリットとなるのは言うまでもありません。
また近年はライセンス監査や労働管理のようなコンプライアンス違反を回避するためにIT資産管理システムを導入する企業が増えています。

01IT資産を全て把握

社内に数台でも管理できていないPCがあれば、そこがセキュリティホールになります。まずは、全てのPCを把握/管理下におき、正確なIT資産管理を始めましょう。LanScope Catでは、ネットワークに繋がっているIT機器の情報を自動で取得します。また、繋がっていない機器情報もインポートして一元管理できるので、正確な資産の把握/管理ができます。

IT資産を全て把握

02ライセンスの適正化

ソフトウェアの不正使用件数は年々減っている一方で、気づかないうちに違反してしまっている企業も少なくありません。インストールできる台数が決まっているにも関わらず、それ以上の台数にインストールしてしまったり、別のパソコンにアップグレードを適用してしまうなどの間違いはよくあることです。
しかし、悪意がなかったとしてもメーカーのライセンス監査に引っかかれば巨額の賠償金を求められる可能性があるので注意が必要です。IT資産管理でライセンス管理を行なっていれば、このような問題を回避することができます。

ライセンスの適正化

LanScope Catで実現する「IT資産管理

  • IT資産管理

    IT資産管理

    ハードウェア/ソフトウェアの情報を毎日更新し管理業務の手間を軽減

    詳しく見る

  • ソフトウェア資産管理

    ソフトウェア資産管理

    管理が必要な情報を自動で収集しライセンス違反が起こらない管理体制を構築

    詳しく見る

  • ファイル配布

    ファイル配布

    ソフトウェアの配布/自動インストールを一括で行いPCメンテナンスを効率化

    詳しく見る

  • ネットワーク検知

    ネットワーク検知

    ネットワーク上の機器を自動で検知

    詳しく見る

  • リモートコントロール

    リモートコントロール

    リモート操作やWeb会議により業務の効率化を実現

    詳しく見る

機能紹介トップへ戻る