サマリー

セキュリティを数値で把握し、
誰でも同じ判断ができます。

「環境」「効率」「行動」のカテゴリごとに正常率が表示されます。
また、グループ別やクライアント別のアラーム数ランキングを確認し、社内の状態と課題を一目で把握できます。

社長から一般社員まで“数値の変化”で対策の効果を確認できます。

数値の推移が変化として捉えられる

正常率

取得したログとアラームの数から正常率を3つのカテゴリにわけて表示します。
また、比較期間(前日、先週、先月)との変化が数値で表示されるので、対策の効果などもみることができます。

カテゴリ アラーム
環境 資産情報の変更や新規/禁止アプリの起動、通信デバイスの接続など、環境の変化を捉えることができます。
効率 深夜や早朝、土日の操作など、業務時間外の操作を把握することができます。
行動 重要な顧客データのコピーや印刷、不正サイトの閲覧やメール送信など、情報漏えいに繋がる行動を把握することができます。

アラーム数グループランキング

アラームの多いグループのワースト10が表示されます。

アラーム数クライアントランキング

アラームの多いクライアントのワースト10が表示されます。

正常率

社長自ら毎朝Webコンソールを確認!
朝の3分で会社のセキュリティ状態が分かる。

Cat導入前はセキュリティは難しいからとシステム管理者任せの状態でした。
現在は、各本部の部長だけでなく社長も自らWebコンソールを毎日確認することで同じ指標(数値)を見ながらセキュリティ対策ができるようになり、セキュリティレベルは大幅にUPしました。

User's Voice