就業管理ソリューション

就業管理ソリューション勤次郎

複雑な勤怠情報を自動計算する就業(勤怠)管理システム”!

日通システム株式会社の就業管理ソリューション「勤次郎」は、多様化する雇用・勤務・賃金形態に、幅広くスピーディに対応し、複雑で煩雑な勤怠情報を自動計算する就業(勤怠)管理システムです。
LanScope Catと連携することで、勤次郎の打刻とLanScope CatのPC操作ログの比較が可能となり、打刻と業務実態の乖離を把握することができます。

製品の特長

システム構成図

既存ネットワークを利用し、各拠点・部門間でリアルタイムに情報共有が可能です。
各拠点(部門)の運用はWebブラウザで行えるため、ソフトウェアを追加でインストールすることなく既存PCでの運用が可能です。
所属・役職に応じて、閲覧・修正権限を制御します。

※オンプレ導入時の運用構成(例)になります。
※クラウドの場合は、日通システム株式会社のクラウドセンターにてシステム&データ環境を構築します。

システム構成図

 

機能概要:メニュー

お客様独自のメニュー画面をExcelにより構築することが可能ですので、何を行えば良いか等、視覚的な操作が実現できます。

現場管理者メニュー画面(例)

 

機能概要:PC/携帯/TB打刻

既存のパソコンを流用することで、専用端末以外でも打刻運用が可能となります。

①WEBタイムレコーダ/②携帯・タブレット

 

機能概要:就業情報端末

現場の従業員規模や用途に応じて、タイムレコーダ(就業情報端末)を複合的に運用いただけます。

就業情報端末例

 

機能概要:日別実績画面

既存のパソコンを流用することで、日別実績の確認(承認)運用が可能となります。

※管理項目表示有無や項目の並び替え選択が可能です。

現場管理者運用の日次承認画面(例)

 

LanScope Catとの連携イメージ

打刻と業務実態の乖離を把握する

LanScope Catが取得したPCの「最初のログ時刻」と「最後のログ時刻」を勤怠システムに取り込むことで出退勤時間とPCの稼働時間との差分を確認することができます。

※取り込みに必要なデータをCSVにて出力し、手動で取り込みを行ないます。

システム構成図

 

 

お問い合わせ

日通システム株式会社

マーケティング本部 052-249-9200

メール
お問い合わせフォーム