就業管理ソリューション

勤怠管理ソリューション勤革時

勤革時

勤革時は1IDから15,000ID以上まで、幅広い規模に対応。
シェアNo.1 ※1 のクラウド型勤怠管理システムです。
22,000社以上、1,720,000人以上 ※2 にご利用いただいています。

※1 2019年富士キメラ総研調べ:勤怠管理SaaS市場 利用ID数
※2 KING OF TIMEとの合算

製品の特長

勤革時はお手持ちのPCとインターネット(VPN不要)だけで利用可能な、クラウド型の勤怠管理システムです。
クラウドだから最新の勤怠状況をリアルタイムに集計・確認。直行直帰の従業員勤怠も管理可能です。もちろん複雑なシフト管理にも対応できます。

機能一覧

 

システム概要図

クラウドだからできる。リアルタイム「見える化」

勤革時はクラウドサービス。
だからリアルタイムに全拠点の「見える化」を実現できます。

クラウドだからできる。リアルタイム「見える化」

 

勤革時で実現する「働き方改革」

長時間労働の抑制に

勤革時では、過剰に残業をしている従業員を事前に把握することで、長時間労働を抑制し、不満や生産性の低下を未然に防ぐことができます。

長時間労働の抑制

 

労働訴訟への備えに

企業が不法で悪質な勤務条件を課していたのであれば訴訟や罰則を受けるのは当然です。
しかし、そうでない場合であっても、証拠が残っていなければすべての場合で企業側が不利になります。
これは企業側にとっては非常に危険な状態です。勤革時ではデータを5年間保管しているので提示を求められてもいつでも取り出すことが可能です。
また、正確な勤務時間を把握しにくい外回りの従業員でも、勤革時のモバイルGPS打刻なら、直行・直帰でも正確に時間管理することができます。

GPS打刻

 

働きやすい職場の実現

勤革時では、有休取得申請や残業申請など今まで紙ベースで行ってきていたことをクラウド上で行えるので、休暇は取りやすく、残業は上司が把握しやすくなります。
これにより、従業員の働きやすい環境づくりに役立てることができます。

有休取得申請や残業申請

残業申請の承認

 

 

 

LanScope Cat連携で実現できる2つのこと

1.PCの使用開始・終了を出退勤時間に

任意のPC操作を、勤務開始/終了として記録。ICカードでの打刻不要で、PCログをそのまま出退勤打刻として利用できます。
残業時間も自動計算のため、サービス残業の防止に効果的です。

2.勤革時での打刻時間、LanScope Catで取得したPCのログ時間の乖離を把握

勤革時 データ分析の利用により、PCログと出退勤打刻の差異が確認可能です。
また、残業時間の可視化、36協定の管理にも有効です。

機能一覧

LanScope Catと勤革時の連携イメージ

 

機能一覧

PCログをそのまま出退勤打刻として利用

 

 

お問い合わせ

提供元:日本電気株式会社 産業ソリューション事業部

お問い合わせフォーム