不正PC検知・遮断システム L2Blocker

不正PC検知・遮断システム L2Blocker株式会社ソフトクリエイト

LanScope Cat 不正PC検知・遮断システム L2Blocker

株式会社ソフトクリエイトの「不正PC検知・遮断システム L2Blocker」は、社内ネットワークで利用を認めていない機器が接続された際に、機器を検知してネットワーク利用を防止するシンプルでわかり易いアプライアンス型のセキュリティシステムです。LanScope Catと連携させることでIT資産として管理をされていない端末を遮断しIT資産管理の徹底と効果向上を図ることが可能となります。

「L2BlockerとCatマネージャー同居時の推奨スペックと対応OS」資料DLはこちら

製品の特長

ネットワークの利用状況を可視化し、不正な機器による接続を遮断

L2Blockerは監視対象とするセグメント毎にL2Bセンサーを設置し、L2Bマネージャーで一元管理を行います。導入時は自動収集モードを利用して社内ネットワークに接続されている機器を全て可視化、使途不明な機器等が存在していないかを確認し許可リスト(ホワイトリスト)の作成を行います。許可リスト完成後はブロックモードに変更することで未登録機器の接続を遮断する運用が開始されます。

■不正PCを検知・遮断
未登録、不許可機器の接続を防止
■簡単導入
センサーを設置するだけで導入が可能。既存ネットワークの変更なし
■機器を可視化
管理されていない機器を含めネットワークに接続されている機器を全て検出
■シンプルな運用画面
操作性を重視したわかり易い管理画面

不正な接続をブロックした際は該当端末に対してWebブラウザで警告表示を行い、管理者へはメールでアラート通知を行います。

L2Blocker不正PCを検知・遮断

LanScope Cat連携の魅力

LanScope Catで管理されていない端末を検出して管理を徹底する

IT資産管理を行うための条件は管理対象端末全てにMRエージェントがインストールされていることです。万が一MRエージェントがインストールされていない端末が存在した場合はIT機器に関する管理に漏れがでることは当然ですが、更にLanScope Catの強みである内部不正対策や外部脅威対策もされない端末となり、社内ネットワークにおいて様々なリスクを抱えている可能性が残ってしまいます。

そこでL2Blockerと連携させることでこの問題を解決いたします。
先に紹介しているL2Blockerの情報収集機能でネットワークに接続されている全ての機器を検出し可視化を行うことができます。つまり万が一私物の端末利用や部門独自で購入した端末等の管理側が把握できていない端末が存在した場合、LanScope Catで管理されている情報を一定間隔でL2Blockerにデータ連携させることにより差異を見つけることが可能となります。

LanScope Catで管理されていない端末を検出

管理漏れ端末に対する柔軟な運用

連携によって発見された端末に対してはお客様の運用に合わせて様々な対応設定が選択できます。

  • ・管理漏れ端末をL2Bマネージャー上で確認のみ行う
  • ・管理漏れ端末をリスク端末としてネットワークから自動遮断
  • ・自動遮断後、MRエージェントのインストールによりネットワークへ自動復帰 等

不正接続防止をアプライアンス製品で行うメリット

  • ・センサーが万が一故障してもネットワークへの影響がありません
  • ・24時間365日稼動するため休日や夜間でも監視が可能です
  • ・アラートメール通知、IPアドレスによる許可等、専門製品ならではの運用支援機能を利用できます

L2Bマネージャーサーバー動作環境

CPU

Intel製の2.4GHz以上(2Core以上)
または同等の互換プロセッサを搭載したコンピュータ

メモリ

6GB以上のメモリ

OS

Windows Server 2012(64bit)
Windows Server 2012 R2(64bit)
Windows Server 2016(64bit)
Windows Server 2019(64bit)
Windows 8.1(64bit)
Windows 10(64bit)
※日本語のみ対応、Server Core未対応

ディスク容量

Cドライブに10GB以上の空きが必要

WEBサーバー

Apache Tomcat 9

WEBクライアント

Internet Explorer 11
Microsoft Edge
Google Chrome

DB

Microsoft SQL Server 2017 Express Edition

ネットワークポート

販売製品:http(TCP 9837)
センサー通信用:TCP 9827

注意事項

  • ※L2Bマネージャーの動作環境の記載については10,000MACアドレス/100セグメント以内でのご利用を前提としております。推奨スペック頁にて確認をお願いします。
  • ※Windows7、8(8.1)、10をL2Bマネージャーとしてご利用頂く場合、1,000MACアドレス/2セグメント以内を前提としております。
  • ※管理対象が30,000MACアドレス/500セグメントを越える場合は有償版のSQL Server 2012が必要になります。

価格/ラインナップ

L2Bマネージャー

\240,000

L2Bセンサー(スタンダード)

\140,000

L2Bセンサー(タグVLAN)

\340,000

L2Bセンサー用ラックマウントキット

  \25,000

お問い合せ

株式会社ソフトクリエイト

月曜~金曜(祝祭日・年末年始・その他ソフトクリエイトが定める休日を除く)
TEL:03-3486-4235

お問い合せフォーム

https://www.l2blocker.com/contact