内部不正対策とは

内部不正対策
情報漏えいが起きる要因は様々です。昨今では、外部標的型攻撃のリスクが高まっていますが、その一方で企業(組織)関係者による情報の持ち出しや、誤操作/誤送信などによって発生する『内部情報漏えい事故』も後を立たず、企業には両面からの対策が求められています。
特に、「内部情報漏えいの3大要因」といわれる「管理ミス」「誤操作」「紛失/置き忘れ」はヒューマン・エラーに起因するものですから、ウイルス対策ソフトやファイアウォールの導入などといった一面的な対策だけでは防止できません。
利用実態を把握した上で、従業員や関係者に対してリテラシーやセキュリティコンプライアンス教育をくり返し徹底していく必要があります。
また、セキュリティの為に運用を著しく損なうような、「運用に即しない無理なルール」を作ってしまった場合、そのルールを守る人がおらず逆に大きなセキュリティホールとなることもよくあります。
セキュリティと生産性のバランスの取れたルールを作った上で、ルール違反を素早く発見し教育をくり返し徹底していく必要があります。

01現状把握

内部不正対策は「禁止より抑止」

必要な対策を打つためには、まずは社内にどんなリスクがあるのかを把握することが大切です。
LanScope Catでは、“人のログ(PC操作ログ)” を取得することで、社内のPCでいつ/誰が/どんな操作をしたのかを把握することができます。
また、操作ログを取得することは、「見られている」という意識から抑止環境を作ることができます。
有効な対策を行うためにも、まずはパソコンがどのように使われているか把握しましょう。

陥りがちなセキュリティ

禁止のセキュリティ
現状がよく分からないまま、あれもダメ!これもダメ!と“禁止”で対策をしてしまうと仕事に使いたいのに使えないなど、社員がセキュリティを不便に感じ、モチベーションが下がってしまいます。
禁止のセキュリティ

理想のセキュリティ

抑止のセキュリティ
PCの操作ログ取得により、誰が何をしているかが分かります。
“抑止”対策はむやみに制限がかからないので、社員の生産性を落とすことなくセキュリティモラルを向上できます。
抑止のセキュリティ

02対策の実施

リスクをリアルタイムに把握し必要な対策を打つ

「操作ログ」を取得することで、機密情報へのアクセス、アプリの活用、Web閲覧、USBメモリの利用状況などを把握することができます。LanScope Catでは、「操作ログ」を取得するだけでなく、予め決めたルールに違反した場合には、
リアルタイムに管理者はマネージャーにアラーム通知することができます。
リアルタイムに把握することで、リスクを最小限に抑えたり、必要な対策を即座にうつことで、問題を発生させない環境を作ることができます。

陥りがちなセキュリティ

事後対策のセキュリティ
ログが大量にあるが、よく分からないからと誰も確認しないでいると、リスクが放置されたままになります。
情報漏えい事故が起きてしまった後はじめて何が問題か検索することになり、原因を特定する為の後追いのセキュリティになってしまいます。
事後対策のセキュリティ

わかりやすい”抑止”のセキュリティ

未然に防ぐセキュリティ
分かりやすいレポートで何が課題か誰でも確認できるのでリスクを事前に把握することができます。
情報漏えい事故が起こらないように定期的にレポートをチェックし、先手で対策をすることで問題を発生させない環境をつくれます。
未然に防ぐセキュリティ

LanScope Catで実現する「内部不正対策

  • 操作ログ管理

    操作ログ管理

    業務効率を下げずにセキュリティモラル向上や問題発見を可能に

    詳しく見る

  • Webアクセス管理

    Webアクセス管理

    Webサイトの利用を監視し不正サイトへのアクセスを制御

    詳しく見る

  • デバイス制御

    デバイス制御

    USBメモリなどのデバイス利用を制御し、重要な機密データの情報漏えいを防止

    詳しく見る

  • メール管理

    メール管理

    メール送信を適切に管理し情報漏えいリスクを低減

    詳しく見る

  • アプリID監査

    アプリID監査

    システムID利用を把握し監査対策に活用

    詳しく見る

  • サーバー監視

    サーバー監視

    ファイルサーバーを監視しセキュリティ監査に活用

    詳しく見る

  • 不正PC遮断

    不正PC遮断

    ネットワーク上の機器を検知し不正な接続を遮断

    詳しく見る

  • シンクライアント管理

    シンクライアント管理

    2つのシンクライアント環境に対応

    詳しく見る

機能紹介トップへ戻る