サーバー監視

ファイルサーバーを監視し
セキュリティ監査に活用できます

WindowsやNetAppのファイルサーバーへのアクセスや、Active Directoryへのログオン状況を把握できます。
権限を持たないユーザーからの不正アクセスも記録可能なため、権限設定の見直しやセキュリティ監査時の証跡として活用できます。

アクセス権→顧客リスト.xls ファイルサーバー ある会社のファイルサーバーへのアクセスログ ファイルサーバーへの不正アクセスを発見

どのサーバーに 誰が どのPCから いつ どのファイルにアクセスしたか

サーバーアクセスログ

「どのファイルサーバーに」「どのPCから」「誰が」「いつ」「どのファイルにアクセスしたか」を記録します。ファイルの読出、書込、削除、名前変更、EXEの実行を記録し、ファイルサーバーへの不正なアクセスを把握できます。

サーバーアクセスログの詳細

  • [削除]ファイルの削除/移動
  • [読出]ファイルのコピー/貼り付け、ファイルのプロパティを見る、ファイルを開く、エクスプローラーでファイルのポップアップメニューを見る
  • [読出/書込]ファイルを編集する
  • [書込]アプリケーションからファイルを開く/
    ファイルの上書きコピー(既存ファイル名と同一ファイルを上書きする)
  • [名前変更]ファイル名の変更
  • [実行]EXEの実行

ドメインログオンログオフ管理

「どのドメインに」「誰が」「どのPCから」「いつ」「ログオン/ログオフしたのか」を記録します。社内ネットワークへの参加状況の把握や勤怠管理にも活用できます。

ドメイン ログオン/ログオフ ログ管理画面

画像を拡大表示

ファイルサーバー容量管理

管理対象のフォルダー容量を監視します。設定した容量のしきい値を超過すると、管理者にメール通知されるので、容量不足を未然に防ぐことができます。

フォルダー容量の監視設定の管理画面

画像を拡大表示

※ 接続先のサーバーがWindows XPの場合、接続ログ、ファイル操作ログのIPアドレスが空白になります。
※ 切断時のログはIPアドレス、コンピューター名が空白になります。
※ NetApp環境ではサーバーアクセスログのみ取得します。