Webアクセス管理

Webサイトの利用を監視し
不正サイトへのアクセスを制御

Webサイトの閲覧記録、特定Webサイトやカテゴリごとの閲覧制御ができます。
ユーザーの適切なWeb利用を促進し、有害サイトへのアクセスを防ぎます。
また、公衆ネットワークでのWeb利用も監視や制御ができます。

  1. STEP1 現状把握

    グループウェア アダルトサイト SNS ストレージサービス

    インターネットの閲覧状況を把握

  2. STEP2 キーワード制御

    競馬 アダルト 転職 ブログ 掲示板 ゲーム

    キーワードを登録すると、不正サイトの閲覧を禁止

  3. STEP3 フィルタリングデータベース制御

    カテゴリ情報反映 アダルトサイト←フィルタリングデータベースダーバー ※フィルタリングDB年間使用ライセンスが必要です。

    指定したカテゴリに含まれるサイトを自動的に閲覧禁止

どのPCで 誰が どの位の時間 どんなWebサイトにアクセスしていたか

Webアクセス管理/制御

「どのPCで」「誰が」「いつ」「どんなWebサイトを閲覧したか」を記録します。URLやウィンドウタイトルが設定したキーワードに抵触した場合、警告表示や閲覧を禁止できます。

※ フィルタリング機能の利用には別途フィルタリングDB年間使用ライセンスが必要です。
※ Webアクセス制御:Mac端末管理非対応

ホワイトリスト

業務に必要なWebサイトだけを、閲覧可能にできます。

キーワードを指定し、特定のWebサイトのみ閲覧可能にできます。
グループウェアやクラウドサービスなど業務に必要なWebサイトのみが利用できる環境を作れます。

◯グループウェア ×掲示板 ×ギャンブル

クラウドストレージ/Webメール利用ログ

Webへのアップロード/ダウンロードや、Webメールの送信内容を確認できます。

クラウドストレージへのアップロード/ダウンロードのログを取得し、情報漏えい経路を監視できます。また、Webメールの送信内容として、送信元、件名、本文の内容を取得します。

対応サービス
クラウドストレージ
  • ・Dropbox
  • ・Google Workspace
  • ・Microsoft 365

Webメール
  • ・Gmail
  • ・Outlook.com
  • ・Outlook Web App

※ アップロード/ダウンロード/Web書込みログは、Webページの仕様により、正しく取得できない場合があります。

Web 閲覧内容の確認の管理画面

画像を拡大表示

クライアントWebフィルタリング(オプション)

社内LANを経由しないインターネット
環境でも、Webを安全に利用できます。

エージェントをインストールし、クライアント側でWebフィルタリングができます。外出先やホテルの公衆無線LAN利用時など、社内LANを経由しないインターネット環境においても安全なWeb利用ができます。

※ 別途Webフィルタリングの購入が必要です。
※ Mac端末管理非対応

Web 閲覧内容の確認の管理画面

画像を拡大表示

関連情報

WFエージェント Windows版
OS 32bit / 64bit
Windows 8.1 / Pro / Enterprise
Windows 10 Home / Pro / Pro for Workstations / Enterprise / Education
Windows 11 Home / Pro / Enterprise / Education

※ 日本語版のみ対応

CPU OS の動作要件を満たすこと

※ ARM 製や ARM ベースの CPU はご利用いただけません。

メモリ OS の動作要件を満たすこと
HDD 120MB 以上の空き領域(エラーログ使用領域を除く)
対応ブラウザ Microsoft Edge(Microsoft)
Firefox / Firefox ESR(Mozilla)
Chrome(Google)
その他 WFエージェント(クライアントモジュール)をインストールするコンピュータで、DNSによる名前解決ができる必要があります。

VDI環境を使用する場合
Vmware:Horizon View / ESXi

※ 管理設定を行う場合は Microsoft Edge 79.0.309.71 以降、または Google Chrome を使用してください。
※ LANSCOPE エンドポイントマネージャー オンプレミス版 Webフィルタリング機能のサポート対象は、Windows版のみです。
※ 全ての動作を保証するものではありません。
※ お客様で事前の動作確認を行ってください。
※ プログラムの修正などが発生する場合は、原則として最新 OS Ver での提供になります。
※ 機種に依存する不具合には対応できない場合があります。

フィルタリングキャンセラ
OS Windows 32 on Windows 64(WOW64), 64bitアーキテクチャ
Windows Server 2012 Standard
Windows Server 2016 Standard
Windows Server 2019 Standard
CPU OS の動作要件を満たすこと

※ ARM 製や ARM ベースの CPU はご利用いただけません。

メモリ OS の動作要件を満たすこと
ディスク容量 200MB 以上の空き領域(ログ使用領域を除く)

仮想環境を使用する場合
キャンセラが対応している上記 OS を、ゲスト OS 上で動作保障している仮想環境が対象です。

※ 仮想環境固有の問題を除き対応可能です。
※ LANSCOPE エンドポイントマネージャー オンプレミス版  フィルタリングキャンセラ機能のサポート対象は、Windows版のみです。
※ 全ての動作を保証するものではありません。
※ お客様で事前の動作確認を行ってください。
※ プログラムの修正などが発生する場合は、原則として最新 OS Ver での提供になります。
※ 機種に依存する不具合には対応できない場合があります。

PICK UP!

業界No.1フィルタリングデータベース採用!

通信キャリアをはじめ、様々な企業が採用しているネットスターのフィルタリングデータベースを利用しています。

Webフィルタリングデータベース登録数 31億2191万コンテンツ(2017年10月16日現在)

フィルタリング市場占有率のグラフ ネットスター45.7% A製品32.9% その他21.3%

深夜の不審なWebアクセスをキャッチ!情報漏えいを未然に防止できました

LANSCOPE エンドポイントマネージャー オンプレミス版 を導入して7年間で2回、それぞれ、深夜の大量のWebアクセスと大量印刷を LANSCOPE エンドポイントマネージャー オンプレミス版 で発見。何を行ったのか確認し、情報漏えい対策を実施できました。今では、この経験を活かして社内啓発がしっかりできているので大丈夫ですが、 LANSCOPE エンドポイントマネージャー オンプレミス版 は何かがあった時の保険のような存在です。

お客様の事例

お客様の声

User's Vice