Android Enterprise

LanScope An Ver.3.1で「Android Enterprise」に対応
機種に依存することなく、
アプリ配信や利用制限など幅広い管理を実現します。
Android Enterpriseとは
Androidデバイスの機種に依存することなく、アプリの配信や
デバイスの利用制御などを実現できるGoogle社が提供するプログラムです。

※Android 6.0以降のデバイスが対象です。

01.アプリ管理

利用できるアプリを指定するホワイトリスト形式、利用を禁止するアプリを指定するブラックリスト形式でアプリを管理できます。
指定したアプリのみをGoogle Playストアから利用者が手動でインストールすることはもちろん、管理者がLanScope Anからデバイスに配信することもできます。

アプリ管理 画像を拡大表示

管理コンソールから管理したいアプリを検索・選択するだけで、管理アプリとして設定できます。

アプリ管理 画像を拡大表示

手動インストール

管理者が許可したアプリを、利用者がGoogle Playストアから自由にインストールできます。ストアには許可したアプリのみ表示されます。

手動インストール

自動インストール

管理者が指定したアプリが、デバイスにインストールされます。また、アプリのアンインストールを禁止することもできます。

自動インストール

02.デバイス利用制限

Android Enterpriseを利用することで、カメラや外部メディアの利用など、デバイスの利用制限を行うことができます。

パスワード再設定
デバイスに設定されているパスワードに対して、別のパスワードを上書きで設定できます。
マルチユーザーの制御
ユーザーアカウントを複数作成したり、切り替えを制御できます。
アカウント管理の制御
Googleアカウントの追加などアカウントの変更を制御できます。
デバイスの初期化禁止
デバイスの初期化を禁止できます。
日付・時刻の変更禁止
日付や時刻の変更を禁止できます。
提供元不明アプリのインストール禁止
提供元不明アプリ(Google Playストアを経由しないアプリ)のインストールを禁止できます。
カメラの利用禁止
カメラの利用を禁止できます。
スクリーンショットの取得禁止
スクリーンショットの取得を禁止できます。
外部メディアの利用禁止
SDカードなど物理的な外部メディアの利用を禁止できます。
USB接続禁止
ストレージとしての接続やデータ転送を禁止できます。
NFCによるデータ転送禁止
NFC(Near Field Communication)によるデータの転送を禁止できます。
Bluetooth機器の接続禁止
Bluetooth機器の接続を禁止できます。
SMSによる通信の禁止
SMS によるメッセージの作成とメッセージの受信を禁止できます。
テザリングを禁止
テザリングの利用を禁止できます。

03.アンインストール防止

LanScope An Clientのアンインストールを防ぐことができます。

アンインストールできない仕様 画像を拡大表示

機能一覧を見る