動作環境

動作環境

 
統合マネージャー/サブマネージャー  ※100台環境、標準パックの場合
OS Windows Server 2012
Windows Server 2012 R2
Windows Server 2016
Windows Server 2019
CPU 2.0GHz以上
メモリ 4GB以上
HDD空き容量 200GB以上
データベース SQL Server 2012
SQL Server 2014
SQL Server 2017
SQL Server 2019
Webコンソール
(ブラウザー)
Google Chrome
Mozilla Firefox
Microsoft Edge(Chromium版)
LANSCOPE オンプレミス版エージェント(Windows)
OS Windows XP
Windows Vista
Windows 7
Windows 8
Windows 8.1
Windows 10
Windows 11
Windows Server 2003
Windows Server 2003 R2
Windows Server 2008
Windows Server 2008 R2
Windows Server 2012
Windows Server 2012 R2
Windows Server 2016
Windows Server 2019
Windows Server 2022
LANSCOPE オンプレミス版エージェント(Mac)
OS macOS Sierra
macOS High Sierra
macOS Mojave
macOS Catalina
macOS Big Sur
macOS Monterey

LANSCOPE オンプレミス版では仮想環境上での動作もサポートしております。

対応環境(仮想サーバー)
VMware ESX、ESXi
Microsoft Hyper-V、Microsoft Azure
Amazon Amazon EC2
対応環境(仮想クライアント)
VDI方式 SBC方式
VMware Horizon 7
Horizon 8
Horizon Cloud(ハイブリッド)
Horizon 7
Horizon 8
Horizon Cloud(ハイブリッド)
Citrix Virtual Apps and Desktops 7
Citrix Cloud
Virtual Apps and Desktops 7
Citrix Cloud
Microsoft Azure Virtual Desktop
(シングルセッション)
Windows 365 Business
Remote Desktop Service
Azure Virtual Desktop
(マルチセッション)
NEC VirtualPCCenter
Amazon Amazon Workspaces
  • ※ マネージャーのハードウェア環境は、クライアント数100台までの推奨環境です。
    管理する台数や収集するログにより推奨環境が異なります。
  • ※ マネージャーサーバーは、同一OS内に他システムと共存させることも可能ですが、専用ハードウェアをご用意いただくことを
    推奨しています。共存させる場合、問題発生時の切り分けなど、サーバーの分離をお願いする場合があります。
  • ※ データベースは本製品に付属の製品、もしくはお持ちのMicrosoft SQL Serverライセンスが利用できます。
  • ※ 500台以上をクラウド環境で管理する場合、本製品に付属のSQL Server(Standard Edition)は利用できません。
  • ※ エージェントの動作環境(CPU、メモリ、HDD空き容量)はOSの推奨システム要件を満たしてください。
    同居ソフトウェアの使用状況により必要となるシステム要件が変更になる場合があります。
  • ※ MR(PC監視エージェント)は日本語/英語/中国語(簡体字)の海外OSに対応しています。
  • ※ 対応OSについての詳細は、OS対応表をご覧ください。
  • ※ プロテクトキャット(CylancePROTECT)についての詳細はこちらをご覧ください。
  • ※ Apple M1チップ搭載の端末についてはVer.9.3.3.3(MacMR A9320)、Apple M1 Pro、Apple M1 Maxチップ搭載の端末についてはVer.9.4.1.0(MacMR A9351)から対応しております。
  • ※ SQL Server 2019をご検討の場合お問い合わせください
  • ※ 対応済みの仮想化製品、かつ LANSCOPE オンプレミス版クライアントが動作する対象OS であれば、LANSCOPE は動作します。
    ただし、LANSCOPE 導入時、または導入後に仮想化環境製品の設定変更やバージョンアップする際には、
    事前に動作検証を行っていただきますようお願いします。
    ・仮想化製品に起因する課題は対応できない可能性があります。
    ・CPMS、REMO-CON、Webフィルタリングについては、それぞれの動作環境情報をご確認ください。